「法政大学・明治大学・関西大学3大学連携協力協定締結記念 ボアソナードとその教え子たち」を開催します

開催期間:2018年07月07日~2018年08月05日
明治大学 博物館事務室

ボアソナード 1902年3月6日撮影 「明治学報」第4号からボアソナード 1902年3月6日撮影 「明治学報」第4号から

法政大学・明治大学・関西大学3大学連携協力協定締結記念 ボアソナードとその教え子たち

 法政大学、明治大学及び関西大学は、1880年代に、「日本近代法の父」と謳われたギュスターヴ・エミール・ボアソナード(Gustave Émile Boissonade de Fontarabie,1825-1910)の薫陶を受けた教え子たちが創立しました。教え子たちは、後進の育成に心血を注いだボアソナードの意志を継ぎ、法律家として多くの仕事をこなしながら、それぞれの学校を運営し、教育にあたりました。ボアソナードの事績と、その意志を継いで法学普及につとめた教え子たち、そして3大学の活動を振り返り、世界史的な観点からその意義を改めて問い直します。 

主  催 法政大学・明治大学・関西大学
会  期 2018年7月7日(土)~8月5日(日)
会  場 明治大学博物館 特別展示室
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
料  金 無料

「明治大学博物館 イベント一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.