明治大学博物館研究報告 第13号~第15号

『明治大学博物館研究報告』第13号
 
『明治大学博物館研究報告』第13号 2008年3月31日発行
定価:1,000円  重さ:395g
表題 筆者 ページ
<研究報告>
ウイリアム・ガウランドと上野博物館
後藤和雄
忽那敬三
1
<研究報告>
伝統的陶器の販売戦略—赤津焼(愛知県)を事例に—
上原義子
梅村晴峰
高橋昭夫
外山徹
27
<研究報告>
黒耀石採掘に伴う原石選別と石器製作作業の把握に向けて
—長野県鷹山遺跡群星糞峠第1号採掘址出土資料を用いて—
山科哲 47
<研究報告>
蛍光X線分析装置による火成岩の主成分・微量成分の定量分析ルーチンの作製とその評価
—石器石材の産地推定に関する基礎的研究—
長井雅史
嶋野岳人
杉原重夫
69
<博物館研究>
災害対策をめぐる資料保全活動と博物館—「資料ネット」の活動を事例として—
竹原万雄 81
<研究ノート>
東京都神津島、恩馳島産黒曜石と砂糠崎産黒曜石のフィッション・トラック年代
杉原重夫
檀原徹
91
<資料報告>
鹿児島県大口市小原野遺跡における黒曜石製遺物の原産地推定
金成太郎
太田陽介
中村守男
杉原重夫
99
『明治大学博物館研究報告』第14号
 
『明治大学博物館研究報告』第14号 2009年3月31日発行
定価:1,000円  重さ:462g
表題 筆者 ページ
<研究報告>
陶磁器の販売方法に関する探索的研究
—ブランディング、Country-of-Origin、商品分類の視点から—
上原義子 1
<研究報告>
鹿児島県出水市、上場遺跡における黒曜石製遺物の原産地推定
岩﨑新輔
杉原重夫
金成太郎
13
<研究報告>
栃木県北部、高原山産黒曜石の記載岩石学的・岩石化学的検討とフィッション・トラック年代
杉原重夫
弦巻賢介
柴田徹
長井雅史
檀原徹
岩野英樹
43
<研究ノート>
食器としての赤津焼の受容過程と流通機構に関わる諸問題
外山徹 71
<研究ノート>
勘解由小路兼綱の大嘗会和歌詠進
久水俊和
<資料報告>
延享四年「奥州岩城平日州延岡御所替覚帳」
日比佳代子 一一
<資料報告>
サハリン(樺太)島内遺跡出土黒曜石製遺物の原産地推定—故船木鐡太郎氏コレクションから—
関根達人
齋藤岳
杉原重夫
金成太郎
79
<特別講義抄録>
伝統的陶磁ブランドのマーケティング戦略—株式会社深川製磁を事例に—
「伝統的工芸品の経営とマーケティング」プロジェクト推進部会 91
『明治大学博物館研究報告』第15号
 
『明治大学博物館研究報告』第15号 2010年3月31日発行
定価:1,000円  重さ:300g
表題 筆者 ページ
<研究報告>
静岡県、休場遺跡出土黒曜石製遺物の原産地推定
—神津島産黒曜石の利用について—
杉原重夫
金成太郎
1
<研究報告>
シナ布の流通とその利用の実態
米村創
<博物館研究>
英国地方都市の博物館と歴史展示
外山徹 31
<資料報告>
明治大学博物館所蔵の倣製内行花紋鏡について
岸本泰緒子 45
<資料報告>
河野洋平邸黒曜石岩塊の移設—2008年度寄贈資料—
杉原重夫
長井雅史
柴田徹
島田和高
51
<特別講義抄録>
企業イメージの構築とブランド形成—源右衛門窯“古伊万里の心”—
「伝統的工芸品の経営とマーケティング」プロジェクト推進部会 57

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.