明治大学博物館研究報告 第16号~第20号

『明治大学博物館研究報告』第16号
 
『明治大学博物館研究報告』第16号 2011年3月31日発行
定価:1,000円  重さ:300g
表題 筆者 ページ
<研究報告>
石刃鏃石器群を対象とした石器使用痕分析—北海道川東羽田遺跡を対象に—
岩瀬 彬 1
<研究報告>
Plant use on remote islands in the final Jomon and Yayoi periods: an examination of seeds restored from potsherds in the Tawara site, Niijima Island, Japan
Katsunori Takase, Eiko Endo, Hiroo Nasu 21
<研究報告>
近世前期金子借用の実態—足柄上郡千津島村を事例に—
荒木仁朗 1
<研究報告>
転封実現過程に関する基礎的考察—延享四年内藤藩の磐城平・延岡引越を素材として—
日比佳代子 11
<資料報告>
秋田県内出土黒曜石製遺物の原産地推定—旧石器時代—
吉川耕太郎・金成太郎・杉原重夫 41
<公開特別講義抄録>
伝統陶磁器による顧客価値の創造—専門店の存在意義を問う—
「伝統的工芸品の経営とマーケティング」プロジェクト推進部会 53
『明治大学博物館研究報告』第17号
 
『明治大学博物館研究報告』第17号 2012年3月31日発行  ※完売しました。
定価:1,000円  重さ:380g
表題 筆者 ページ
<研究報告>
製品の意味の動態性:動態の2つの局面
福田康典 1
<研究ノート>
レプリカ法による愛知県西志賀遺跡出土土器の研究
遠藤英子・高瀬克範 13
<研究ノート>
伝統工芸有田焼の商品開発動向—歴史的前提から第2次大戦後・現代まで—
外山徹 27
<資料報告>
武蔵野台地における立川ローム層最下層出土の黒曜石資料の原産地推定—武蔵台遺跡・多摩蘭坂遺跡・鎌ヶ谷遺跡について—
比田井民子・杉原重夫・金成太郎 39
<資料報告>
矢出川遺跡から出土した未詳原産地製黒曜石遺物の記載岩石学・岩石化学的特徴—いわゆるNK産黒曜石の解明に向けての基礎的研究—
長井雅史・金成太郎・柴田徹・島田和高・杉原重夫 57
<資料報告>
仮名垣魯文・文 落合芳幾・画 心学身之要慎
小川祐貴子 1
<資料報告>
「高千穂押方村郷足軽佐藤平次郎敵討一件」 延岡藩での敵討ちと在地社会の刑事事件処理の事例
小野孝太郎 9
<特別講義抄録>
和食器専門店から見た伝統工芸の今
「伝統的工芸品の経営とマーケティング」プロジェクト推進部会 67
<資料目録>
内藤家伝来印章資料目録
明治大学博物館 81
『明治大学博物館研究報告』第18号
 
『明治大学博物館研究報告』第18号 2013年3月29日発行
定価:1,000円  重さ:348g
表題 筆者 ページ
<研究報告>
西南日本における船野系細石刃石器群の形成と展開
橘昌信・多田仁 1
<研究報告>
茨城県五霞町域にみる歴史民俗資料データベース化に基づく地域博物館展示製作シミュレーション
森朋久 23
<資料報告>
藪塚遺跡出土黒曜石製遺物の原産地推定
金成太郎・杉原重夫 47
<資料報告>
明治大学博物館所蔵の遼瓦について—島田正郎コレクションから—
森本尚子 53
<資料報告>
玉里舟塚古墳の副葬品と年代
忽那敬三 75
<研究プロジェクト報告>
能楽史料としての内藤家文書
増田豪 1
<公開特別講義抄録>
有田焼商品開発のターニングポイント—産地卸売商社から見た市場動向の変化—
「伝統的工芸品の経営とマーケティング」プロジェクト推進部会 65
『明治大学博物館研究報告』第19号
 
『明治大学博物館研究報告』第19号 2014年3月31日発行
定価:600円  重さ:281g
表題 筆者 ページ
<研究報告>
日本商業史における独占的流通体系—佐賀藩の藩専売仕法における陶磁器の独占的流通体系を事例に—
上原義子  1
<研究報告>
坂本万七の文化財写真について—明治大学所蔵坂本万七写真研究所資料を中心に—
白政晶子  13
<資料報告>
柏峠産黒曜石の記載岩石学的特性・岩石化学・噴火年代—黒曜石製遺物の産地推定に関する基礎資料—
杉原重夫・柴田徹・長井雅史  27
<研究プロジェクト報告>
内藤家文書の幕長戦争関係史料について
大浪和弥  1
<研究プロジェクト報告>
内藤藩における藩祖家長と子息元長の霊神勧請関係史料について
外山徹  15
<講義・講演抄録>
伝統的工芸品の経営とマーケティングVol.8 備前焼の歴史・産地形成と最新動向—伝統陶器産地における市場動向と商品開発の変容—
「伝統的工芸品の経営とマーケティング」プロジェクト推進部会  35
<講義・講演抄録>
明治大学考古学博物館のコレクション形成と西志賀貝塚の調査
大塚初重  45
『明治大学博物館研究報告』第20号
 
『明治大学博物館研究報告』第20号 2015年3月31日発行
定価:600円  重さ:200g
表題 筆者 ページ
<研究報告>
近世本末下位寺院の所持地形成に関する一考察
外山徹  1
<研究報告>
嘉永期における仙台藩重臣・中嶋恒康の海防政策と砲術攻究—「島崎家文書」・「中嶋家文書」にみる軍制改革の展開—
竹ヶ原康佑  23
<研究ノート>
ガウランドの登山記録と古墳の調査
忽那敬三  1
<資料報告>
明治大学博物館所蔵静岡県原添遺跡出土の弥生土器について
白石哲也・植田雄己  13
<公開特別講義抄録>
備前焼の次世代構想—市場動向の変容と新たな商品開発—
「伝統的工芸品の経営とマーケティング」プロジェクト推進部会  21

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.