社会連携ポリシー

2004.10.26制定
 明治大学(以下「本学」という。)は,1881年の創立以来,その長く輝かしい伝統に裏付けられたわが国有数の私立大学として,日本のみならず世界の各界で活躍する幾多の有為な人材を輩出してきている。21世紀の現在においても,本学に対するその役割と期待はますます大きくなっている。このため,本学の建学の精神である「権利自由」「独立自治」を引き継ぎ,実学を重視した「個を強くする大学」として,また,「都心型大学」としての特長を活かして,その使命と責任を果たす必要がある。
  本学は,人文科学・社会科学・自然科学の各分野における研究基盤から生まれる高度で先進的な研究成果を,学外研究機関との交流をはじめ,民間企業,国,自治体やその地域社会等に速やかに還元し,平和で豊かな社会を創造することを理念としている。よって,本学は,「社会連携」を「研究」と「教育」に加えて本学の重要な使命として明確に位置付けるとともに,これに本学教職員等が一致協力して取り組み,大学の社会的責任を果たす必要がある。
  本学は,上記の社会連携活動を進めるに当たっての基本姿勢及び倫理に関わるポリシーを明らかにするため,「明治大学社会連携ポリシー(以下「本ポリシー」という。)」を定め,これを学内外に公開する。
  本学の教職員等は,本ポリシーに定める事項を十分に理解して,円滑に社会連携活動を推進し,本学と学外諸機関との幅広い交流を進め,相互交流による刺激が大学,産業界等の活性化にとどまらず,広く社会の発展に寄与するよう努めなければならない。

1 環境保全・平和利用

  環境を常に視野に入れた社会連携活動を推進し,省資源・省エネルギー・リサイクルに務めるとともに,最先端の教育・研究技術及び設備の活用並びに環境保全に資する研究成果の社会への還元によって,環境の保全に積極的に貢献していく。
  また,軍事利用・人権抑圧等平和に反する内容を目的とする社会連携活動は一切行わない。

2 主体性・自主性の尊重

  研究成果は,教職員等の自由かつ創意に富んだ発想と研究に対する意欲を源泉として生み出されるものである。よって,社会連携活動を実施していく教職員等は,大学の主体性や研究者の自主性を尊重し,大学が行う教育・研究に支障が生じることのないように配慮しなければならない。

3 情報の公開と管理の原則

  事業化の可能性が高い研究成果についての学外諸機関に対する情報公開に関しては,社会連携活動の障害とならないよう,適切なタイミングと方法により行うことを原則とする。
  また,本学の社会連携の推進体制,規程類の制定状況,活動成果等の情報提供を行う。
  なお,学外諸機関との交流により知り得た企業等の情報及び特許等の出願公開前における情報の秘密保持については,大学の管理体制を充実し,教職員等の啓発に努めるものとする。

4 法令等の遵守

  社会連携活動を実施していく教職員等及び学外諸機関は,本ポリシーを理解し,相互に協調し,誠意をもって業務を遂行するとともに,関連する法令,本学の校規等を遵守し,行動しなければならない。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.