アグリビジネス新技術説明会のご案内

開催期間:2017年11月21日~2017年11月21日
明治大学 生田研究知財事務室

首都圏で農学系学部を有する私立五大学(明治大学、東京農業大学、日本大学、玉川大学、東海大学)は、産学官連携によるアグリビジネス創出を目指して、2005年度より毎年「アグリビジネスフォーラム」を開催して参りました。

今年度は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)との共催で、「アグリビジネス 新技術説明会」を開催します。

本説明会では、企業関係者を対象として実用化を展望した未公開特許技術を中心に説明を行い、実施企業や共同研究のパートナーを募ります。

新技術の説明後、教員との個別面談(15分/件)をその場でアレンジいたします。
個別面談では、より詳しい質問や具体的なパートナーシップの相談が可能です。

本大学からは、農学部 農場 藤原俊六郎 特任教授が、新技術の説明を行います。
新技術を利用した製品の開発や、新規事業の立ち上げにご関心のある企業等の方々は、奮ってご参加ください。詳細につきましては、下記の「アグリビジネス 新技術説明会パンフレット」をご覧ください。

→パンフレットを見る(PDF)

◇イベント情報◇

日 時 :2017年11月21日(火)13:25~16:00
会 場 :JST東京本部別館ホール(東京・市ヶ谷)
参加費 :無料(事前に参加申込みをお願い致します。)
主 催 :科学技術振興機構、玉川大学、日本大学、東京農業大学、東海大学、明治大学
後 援 :特許庁
URL https://shingi.jst.go.jp/kobetsu/agribiz/2017_agribiz.html

◇プログラム◇

13:25~13:30 開会挨拶
13:30~13:55 アグリビジネスを支える植物病害診断技術
  (玉川大学 農学部 生産農学科 教授 渡辺 京子)
14:00~14:25

食品廃棄物から蛍光物質をつくる

  (日本大学 生物資源科学部 食品生命学科 教授 松藤 寛)
14:30~14:55 ヒトの味感覚を培養細胞で知る!‐新しい味覚センサー細胞の構築‐
  (東京農業大学 応用生物科学部 食品安全健康学科 准教授 岩槻 健)
15:00~15:25 抗アレルギー効果をもつモウセンゴケの大量増殖システムの開発
  (東海大学 農学部 応用植物科学科 教授 星 良和)
15:30~15:55 水熱分解技術で有機性廃棄物から作物栽培用液体肥料をつくる
  (明治大学 農場 特任教授 藤原 俊六郎)
15:55~16:00 閉会挨拶

問い合わせ先

明治大学 研究推進部 生田研究知財事務室
〒214-8571 神奈川県川崎市多摩区三田1-1-1
TEL:044-934-7639 FAX:044-934-7917
E-mail:tlo-ikuta●mics.meiji.ac.jp (●の部分を@に変えてお送りください。)

「研究活用知財本部 イベント一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.