株式会社エイチ・アイ・エス(HIS)への訪問





企業訪問レポート
訪問先:株式会社エイチ・アイ・エス(HIS)
レポート作成:吉田恭平
訪問日:2010/6/10


1. はじめに
 私たちのグループは「企業の社会的責任(CSR)」について研究を行っている。
そして数ある企業の中でも「旅行業界」に属している企業にターゲットを絞ることにした。今回はその最大手であるHISに訪問し、CSR活動やそれに関連した経営戦略に至るまで様々なお話を伺った。

2. HISの行っているCSR活動
 今回は社会貢献関連事業室[i]室長、矢内敬章さんにお話を伺った。その話によるとHISでは主に4つの方法でCSR活動を行っているようである。

① スタディツアーへの取り組み
スタディツアーとは一般的な観光旅行とは異なり、日本の若者が途上国の社会問題などについて考え、実際に行って見て気付き学ぶ体験プログラムである。途上国に行き体験する事で、固定概念が崩れ、世界を見る視野が広がり、エネルギーをもらって元気になる。ボランティアをすることで逆に多くのことを学ばせてもらうことにもなるという。
そして、将来の日本を背負って立つグローバルな視野で物事が考えられる若い方々が育ってもらいたいと考えているという。

② 国際協力団体などに旅行業を通じた協力
海外で国際協力活動をしている団体は、NGO、NPO、学生団体などをはじめ数多くいる。しかし途上国を舞台として活動するには、航空券などの渡航費が割高であったり、治安、衛生面での不安があったり、現地での宿泊、移動などの手配についても非常に手間が掛かるなどの問題点が数多く存在する。HISではそのような団体に対し、海外旅行に対する強みと海外支店のネットワークを活かし、手配、価格、情報などで協力し応援している。

③ 途上国の観光開発、伝統文化の支援など
HISでは、バングラデシュやラオスをはじめとした途上国にも支店を開設し、日本からのツアーを実施するなどの観光開発に取り組んでいる。しかも今後6年間で、海外千店舗を目指しているという。
一方、バリ島では、観光地化されたために失われつつある伝統文化の継承や保護活動にも取り組んでいる。これらの取り組みはそれぞれの国や地域に根ざしたものであり、まさに旅行業ならではの取り組みと言える。

④ その他の取り組み
以前は、孤児院の子ども達を海外旅行に招待する取り組みを行っていた。将来の日本を引っ張っていく子どもたちに海外を知って楽しんでもらいたい。それも海外旅行から縁遠い孤児院の子どもたちにという社員のアイディアから。これら社会貢献への取り組みは、広告などにも使わないという方針で実施していた。しかし取り組みとして良くても、HISが旅行会社として本当に求められている取り組みか、HISにしか出来ないことかなどを考え、現在は、スタディツアーを中心に取り組んでいるという。
その他、日本旅行業協会を通じて、植林活動や環境助成などにも取り組んでいる。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.