教育補助講師からのメッセージ

小林 頌太郎(弁護士・2011年3月 既修者コース修了)

「皆さんをバックアップします」



 教育補助講師は、教育補助講師室における相談、副担任として毎週1回の補習ゼミを行うなどして、皆さんを全力でバックアップします。
 教育補助講師室における相談では、法律や日々の勉強方法に関する質問対応に加え、学生の求めに応じて教育補助講師を講師とする自主ゼミも行っています。また、教育補助講師の多くが若手弁護士であり、近年の司法試験を経験しているので、司法試験に関する不安や悩み、その対策等についても相談に乗っています。さらに、教育補助講師は、渉外・企業法務から刑事法分野に至るまで、様々な分野の専門家が駐在しているので、皆さんが目標とする法曹の仕事内容や就職活動に関する相談にも応じております。
 副担任における補習ゼミでは、各学年の到達目標に応じた補習を実施しています。法科大学院においては通常授業から得られる情報量がとても多いので、通常授業に対する予習復習を通じた知識の定着が重要なものとなります。補習ゼミの内容は、学年に応じて異なりますが、例えば2年生の補習ゼミでは通常授業で取り扱った法分野を題材とする論文式問題や択一式問題等を通じて知識の定着を確認しています。
 法律の勉強は迷路に迷いがちです。皆さんが確かな道を歩めるよう、このようなバックアップ体制を整えています。司法試験合格までは長く険しい道のりですが、皆さんと一緒に乗り越えて行ければ幸いです。

川島 基則(弁護士・2013年3月 未修者コース修了)

「必要な準備のために」



 どんなに優れた能力を持っていても、必要な準備をしなければ合格できない、逆に、ごく平凡な人でも、必要な準備をすれば必ず合格できる——司法試験というのはそういう試験です。では、司法試験に合格するために必要な準備とは何か。端的にいえば、それは「自分だけができることを増やす」作業ではなく、「自分だけができないことをなくす」作業に他なりません。司法試験というのは、法曹に求められる最低限の素養を測る試験であり、特別な能力が要求されるものではありません。多くの受験生が解ける問題を淡々と解いていけば、間違いなく合格できるのです。そこで、多くの受験生が解ける問題とは何なのかを、正確に把握し、それを解けるように準備する必要があります。そのお手伝いをするために、われわれ教育補助講師はいるのです。
 試験勉強というのは理不尽なものです。近道はないけれども、行き止まりの道はたくさんあります。皆さんがそういった行き止まりの道に迷いこまないよう、教育補助講師や副担任の補習を通して、できる限りのお手伝いをしたい、そしていつか、法曹となった皆さんと一緒に仕事がしたい、教育補助講師は皆そう思って日々の執務に臨んでいます。
 日々の勉強はあまり楽しいものではありません。けれどもそれが、司法試験の合格とその先に続く法曹としての未来に間違いなくつながっていることを信じて、一緒に頑張っていきましょう。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.