ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)への注意喚起

2017年05月15日
明治大学 情報基盤本部

学生・教職員各位

ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)への注意喚起

世界中で猛威を振るうランサムウェア(身代金要求型ウイルス)「WannaCry」への感染が国内でも報告されています。
感染すると、PC内や共有ネットワーク上のファイルが暗号化され開くことができなくなり、暗号解除のために金銭を要求される事態となります。

身に覚えのない不審なメール本文にあるリンクや添付されたファイルは不用意に開かないよう注意、ならびにセキュリティパッチを適用しPCを最新の状態にする等、下記のとおり対策をお願いします。

1.対策
・不審なメール本文にあるリンクを不用意に開かない
・メールに添付されているファイルを不用意に開かない
・Windows Updateを実行する
・ウイルス対策ソフトの定義ファイルを最新にする

2.万一感染した場合
ネットワークを介して被害が拡大する恐れがあるため、直ちにケーブルをPCから外し下記問合せ先にご連絡ください。


お問合せ先(情報セキュリティに関する連絡窓口)
https://www.meiji.ac.jp/isc/security/security-madoguchi.html

「ニュース一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.