大学による在留管理について

1. 在留資格確認書類届出書の提出について

明治大学では、出入国管理及び難民認定法第19条の17に基づき、外国人留学生の在留資格を管理しています。
つきましては、『在留資格確認書類届出書』に下記のいずれか1点を添付して提出してください。
また、資格外活動許可を得てアルバイトをしている方は『資格外活動届出書』も併せて記入してください。
新入留学生で、新入外国人留学生オリエンテーションですでに提出した方は、再度提出する必要はありません。
なお、年度の途中で在留期間更新・在留資格変更等を行った場合には、あらためて提出してください。

  
 ●提出書類
 ・『在留資格確認書類届出書及び資格外活動届出書』 に、以下のいずれか1点を付けたもの。
  A. 「在留カード」の両面コピー ⇒届出書にのり付け。
  B. その他、外交、公用、短期滞在などの場合:パスポートの顔写真と最新のビザのスタンプのページのコピー
    ⇒届出書に貼らずに、そのまま提出。
    (注意:短期滞在の方は速やかに「留学」等に変更手続きを行い、再度提出してください。)
  
  ※届出書は以下からダウンロードし【両面印刷】してください。 

2. 卒業・退学者・除籍者・所在不明者等の定期報告

本学に在籍する外国人留学生の卒業・修了・退学者・除籍者・所在不明者等について、文部科学省および入国管理局へ定期報告を行います。
退学、除籍となった場合には、速やかに帰国してください。
在留資格・在留期間の変更や更新を行う場合には、速やかに国際教育事務室で必要な手続を行ってください。

3. 在留資格取消制度

在留資格に該当する活動を行うことなく、日本に3ヶ月以上滞在すると在留資格が取り消されます。在留資格「留学」の外国人留学生が大学での学修を行っていない、もしくは卒業・修了・退学・除籍・休学になったにも関わらず、日本での滞在を続けると、在留資格取消の対象となります。在留資格が取り消されると、悪質な場合は即日強制退去となり、5年間日本への入国ができなくなり、日本での学修再開が認められなくなりますので、注意してください。退学・除籍・休学の予定がある場合は、必ず事前に国際教育事務室に連絡してください。
また、卒業・修了後に、在留資格「留学」のままでは、就職活動を継続することはできませんので注意してください。

4.留学生本人による所属(活動)機関等に関する届出

中長期在留者である留学生が所属する大学や日本語学校など(以下「学校等」という。)の名称や所在地が変更になったとき、学校などが消滅したとき、学校等から離脱(卒業など)したとき、新たな学校等へ移籍(入学など)したとき等には、14日以内に地方入国管理局への届出が必要です。
この届出は「活動機関に関する届出(参考様式1の1~1の3)」を提出して行ってください。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.