教育方針

教育方針

HOME > 本校の特色 > 教育方針

教育方針

将来のキャリアへつながる「4つの力」を大切に育てます。 
 本校では、中学・高校時代に身につけるべき力とは「洞察力」「実践力」「社会力」「精神力」の4つだと考えています。

 今、何が問われているのかを考える「洞察力」、自分を高めるために資格を取得する「実践力」、基本的なマナー・ルールを大切にする「社会力」、困難を乗り越える「精神力」。
 
 これらの力は中学・高校時代にのみ必要なわけではありません。大学に進学した後も、社会に出た後も常に求められます。本校では、受験勉強に時間を割かれないメリットを活かし、これらの力が身につくよう時間をかけてじっくり指導しています。
  中学1~3年【基礎学力養成期】⇒
高校Ⅰ・Ⅱ年【思考力・表現力養成期】⇒高校Ⅲ年【学力充実期
具体的な
取り組み
①洞察力 先を急ぐより、まず基本と基礎
本校が求めている最終学力は、単なる知識の量や問題を解くテクニックではありません。今、問われていることを分析し考える力、多くの事象の中から本質を見抜く力です。その学力を養成するためにも、週6日制で授業時間を確保し、中学・高校の正課科目の多くを必修として確実に基礎学力の土台を完成させます。さらに、学習活動の「書く」ことを通して、言語活動とともに課題解決のための思考力・判断力・表現力を伸ばせるように段階的に指導していきます。
ノート点検
小テスト
多読指導
夏期講習
週2回の7限補習授業
授業での基礎力重視
習熟度別授業
小論文演習
②実践力 自分を高めるため時間を活かす
受験勉強に振り回されずに時間を活かせること。それが付属校の大きな長所です。本校ではその時間を資格の取得にも活用しています。教科に関連した実用技能英語検定や漢字検定はもちろんですが、大学での学びを意識したドイツ語・フランス語・中国語、TOEICへのチャレンジや簿記検定、法学検定の対策講座も用意しています。高校、大学、さらにはその先の社会を見据えた学びです。
英語検定
TOEIC
簿記検定
法学検定
漢字検定
数学検定
校内漢字検定
校内計算検定
③社会力 厳しさの中にも温かさあり
「なんでも自由」な学校を望む人には、本校は合わないかも知れません。あいさつや制服の着こなしなど、基本的なマナーや生活習慣、集団生活を通しての規範意識を大切にしているからです。本校の場合、その指導を可能にしているのが、先生と生徒、あるいは先輩と後輩の確かな絆です。また保護者会や面談の実施、各種通信の発行などを通して、保護者との情報の共有にも努めています。
中学林間学校
中3修学旅行
東京六大学野球応援
移動教室
高校林間学校
高Ⅱ修学旅行
個人面談
④精神力 苦労を仲間と乗り越える経験
本校はもともと部活動の盛んな学校でしたが、調布キャンパスに移転してからより充実した活動が可能になりました。文科系・運動系あわせて38の班・部には、中学生のほとんど、高校生の約90%が参加しています。下級生の時に先輩の指導を受けた生徒が上級生になると、今度は自らコーチ役を買って出る、そういう面倒見のよさも誇れる伝統のひとつです。
日々の練習
試合・実戦
コンクール
合宿
体育祭
球技大会
紫紺祭
学校行事の計画・立案・実行

明治大学への 接続・進学

明治大学直系の付属校としての進学指導は、「大学でなにを学ぶのか」「将来どんな仕事をしたいのか」を軸に、明大全学部の説明会や大学施設見学、そして卒業生を招いての講演会など、きめ細かな進路指導が用意されています。

【具体的な取り組みの例】
中大連携講座  高大連携講座 明大オープンキャンパス OB・OG進路相談会 ようこそOB 高Ⅲ3学期特別授業 特別進学指導講座 プレカレッジプログラム 高大連携サマーセミナー

明大への推薦資格を保持して、国公立大学を併願受験!

前のページに戻る

ページトップに戻る

ページトップに戻る

スマートフォン用サイトを表示