法務研究科
(法科大学院)

2016年度 修了生の声

山口 海   法学未修者コース修了

山口 海

「存分に学べる場所」

 私は、明治大学法科大学院を修了したのち、幸いにして1度目の司法試験で合格することができ、 2017年12月から千葉地方裁判所に配属されて約1年間の司法修習が始まります。
 こうして順調満帆に歩むことができたのは、偏に明治大学法科大学院の学習環境がとても充実していたからです。
 まず、法科大学院の先生方は、授業内外を問わず、こちらが納得するまで質問に答えてくださいます。そのため、疑問点があったとしてもその日のうちに解消することができ、知識の土台をしっかりと固めていくことができました。
 次に、明治大学法科大学院では、教育補助講師という明治大学出身の弁護士の先生方がいます。教育補助講師の先生方は、司法試験合格者という観点から指導をしてくださったので、勉強方法等に対する悩みを解消することができました。また、私は、教育補助講師の先生が開講するゼミに参加したり、自主ゼミの講師をお願いする等して、教育補助講師の先生にお世話になりました。
 そして、自習席が固定であるため、近くには同期の友人がいて、何か問題があればすぐに議論することができます。友人達との議論を通して初めて気づけたことも多くあり、同じ目標を持ち共に勉強する仲間の存在が大きな励みとなりました。
 明治大学法科大学院では、授業以外でも学習の助けとなるものが多く用意されています。司法試験受験生の皆さんは、ぜひともそれらを存分に活用し、司法試験合格へ突き進んでください。

村上 鷹平   法学既修者コース修了

村上 鷹平

「弱点克服、長所を伸ばす」

 私は、2015年に明治学院大学法学部法律学科を卒業後、明治大学法科大学院の法学既習者コースに入学、2017年3月に修了し、同年司法試験に合格することができました。これから明治大学法科大学院に進学を目指す方にとって少しでも参考になればと、私が感じた本学の特色について、説明いたします。
 まず一つめに、明治大学法科大学院は、演習科目など少人数制授業を中心に行っています。具体的には、授業の中には先生と1対1の授業や、1対2の授業などもあり、先生方を「贅沢に使う」ことができます。授業では、起案を丁寧に添削していただいたり、問答によって問題点などを正しく理解できているか確認していただいたりと、厳しく、優しく「法曹になるために何が必要なのか」を考えながら学ぶことができます。私は、先生とより長く対話ができる少人数制の授業を積極的に利用して、自分の弱点を克服しつつ、長所を伸ばすように努めました。これが、司法試験を一回で合格できた理由の一つであると考えております。
 次に、明治大学法科大学院は奨学金が充実しています。経済状況で法科大学院への進学が困難である方は、ぜひ説明会等で奨学金の説明をお聞きいただきたいと思います。私は、奨学金がなければ法科大学院を修了できなかったので明治大学法科大学院の奨学金制度には大変感謝しております。
 そして最後に、教職員問わず親身になって対応してくれる点です。先生は質問をすれば理解するまで一緒に考えてくれます。また、事務職員の方も、履修科目のことなど丁寧に説明してくれたり、ときには私に合う講義はこっちだよなどアドバイスをしてくださったりしました。
 以上のとおり、明治大学法科大学院は、司法試験の合格に向けた良い環境が揃っています。また、現状に満足することなく常に学生にとって何がいいのかを考え、改善を続けてくださる学校です。是非、この環境に飛び込んで、夢を叶えてください。

安藤 眞史   法学既修者コース修了

安藤 眞史

「司法試験合格に必要なモノ」

1 まず、常に最終目標である「司法試験合格」を意識してください。 
巷で有名な予備校講師の言うことを標榜するだけ、講座を受講するだけでは、絶対に司法試験には受かりませんし、受かったとしても実務家として通用しないでしょう。それは、どのロースクールに通っても同じです。「試験を受けるのは自分自身であり、当該講師や制作スタッフではない」という意識を忘れないでいてください。「この人(本)についていけば安心」なんてことは絶対にありません。大切なことは、自分が置かれた環境・状況を理解し、それをどこまで活用できるかです。どのロースクールにおいても、環境を正しく使いこなせば、心強い味方になってくれます。そういった学習の来歴が、本番の場では自信となり、基礎となります。私にとっては、明治大学法科大学院が最強にして最大の土台となってくれました。他のロースクールでは、ここまで伸び上がることはできなかったと思います。

2 明治大学法科大学院の最大の特徴といえば、教員と学生の距離の近さです。
先生方は、1人1人の学生に対し、親身になって教えてくださいます。私の場合、授業後の質問が次の講義時間一杯(約90分以上)まで長引いてしまうこともありましたが、いやな顔一つせず、都合のつく限り、お付き合いいただきました。きっちり授業の準備をしてくださった先生方との話し合いは、学生間の自主ゼミとは比べ物にならないほどの成果を与えてくれますし、関連項目についての理解もどんどん深まっていきます。いわば教員とマンツーマンで自主ゼミを実施しているような環境です。こういった使い方が現実に可能なロースクールなのです。このような学習を試験科目8科目全ての先生方にお付き合いいただき、正確且つ盤石な知識を定着・確定させていきました。

3 自習室・教育補助講師・事務局等、自分にとってプラスに使える『モノ』は全て使いました。私は在学中、学生の中で「最も法科大学院を使い倒した」という自負があります。私は、心の底から、「明治大学法科大学院でなければ司法試験合格は成し得なかった」と思っていますし、現に、先生方の御指導や環境の使い方に恥じない成績で司法試験に合格することができました。自分1人で黙々と勉強するだけでは、自分の力量も限界も測りかねます。学生ではなく、教員と話すことで、自分に何が足りないのか、何が正解なのかを日々探求し、自分に司法試験合格のために必要なモノは何なのか気づかせてくれるのがロースクールです。これからも続々と明治大学法科大学院出身の司法試験合格者が増えることを祈るばかりです。私も修了後も色々な形で明治大学法科大学院を支援していければと考えています。

 明治大学法科大学院で一緒に、司法試験合格を目指しましょう!!

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.