過去の展覧会 2015年

新収蔵・収蔵資料展2015

新収蔵・収蔵資料展2015
主 催 明治大学博物館
会 期 2015年4月4日~5月17日 44 日間
入場者数 2,655 名
展示概要 会津藩による新刀試し斬りの記録「誅伐者道具試帳」、江戸時代の捕手役人が鍛錬にいそしんだ十手術・小太刀・柔術関連の免許状類、有田焼の中でも最高級となる鍋島・金襴手様式の手彩色による商品、備前焼産地組合による新開発商品、考古遺物では古墳時代の馬具である鉄地金銅張鐘形鏡板、白鳳期の法隆寺の瓦、2010 年に復元された玉里舟塚古墳出土馬形埴輪のレプリカなどを紹介した。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.