学部がわかる9つのポイント

Step into商学部

明治大学商学部は、1904(明治37)年に日本初の私立大学の商科として誕生しました。1世紀以上の伝統を継承しつつ、時代の新たな要請に応えるカリキュラムを用意。商学の専門知識と深い教養を持ち、より広い視野から創造性を発揮するビジネスパーソンを育成しています。

10学部からをタップしよう!進路のヒントが見えてくるかも?

多様な学生

さまざまな入試制度 / 全国から集う、豊かな『個』

商学部には全国から豊かな個性を持った学生が集います。その理由の一つが、特色のある入試制度。一般選抜の「学部別入学試験」では、英語4技能資格を生かせる制度があります。一般選抜だけではなく、総合型選抜も充実しており、商業高校の生徒を対象とした入試の機会も用意。商学のプロを目指し、この入試を経て在学中に公認会計士の資格を取得する学生も少なくありません。

  • Photo 特色のある入試制度で全国から豊かな個性を持った学生が集う

学科・科目

自由度の高いコース制 / 1学科7コース

経済、経営、流通、そして金融など、ビジネスにはさまざまな側面があります。これをあらゆる視点で分析することが、明治大学商学部の学びです。私たちはこれを「総合的市場科学」と捉え、個々の興味に応じて専門性を深めることができる7つのコースを用意しています。ただ、コースに分かれるのは3年生から。入学後に、多種多様な授業を経て、刺激を受けながら、じっくりと専門分野を決めることができるのです。これは、皆さんにとって大きなメリットだと考えています。また、コース制とはいえ、他コースの科目も履修でき、自由度が高いことも大きな特色です。

  • Photo 経済学を体系的に学び、グローバル化する社会での問題解決能力を養う
  • Photo 製品・サービスの取引を促進するための考え方について、理論とケーススタディの両面から学ぶ
  • Photo 国際ビジネスの共通言語としての金融・証券・保険の知識をマスターする
  • Photo 世界と日本の貿易や経済、企業活動・経営について、世界的視点で研究する
  • Photo 社会と深い関係にある企業活動の中身を正しく理解する
  • Photo 会計を多面的に分析する。これまで多数の公認会計士・税理士を輩出している
  • Photo 実践的で現場密着型の少人数教育で新たなビジネスチャンスを探る

ゼミナール

多角的に、深く、考える / 2つのゼミに所属できる!

商学部の大きな特徴、それは2つのゼミナールに2年生から入室できること。「商学」を専門に学ぶゼミと、深い「教養」を学ぶゼミの2つを同時に履修することができます。2つの核(コア)を持つ――私たちはこれを「ダブル・コア」と呼んでいます。ゼミナールは少人数制の演習科目で、同じ志を持った仲間と議論を深め、時には学外へも足を運び能動的に活動しています。自分の興味に応じた2つの分野を同時に、深く学ぶことで、多角的な視点を養います。

  • Photo 2つのゼミに3年間所属して専門性深めることができるのは商学部の大きな特徴
  • Photo 2つのゼミに3年間所属して専門性深めることができるのは商学部の大きな特徴
  • Photo 2つのゼミに3年間所属して専門性深めることができるのは商学部の大きな特徴
  • Photo 2つのゼミに3年間所属して専門性深めることができるのは商学部の大きな特徴
  • Photo 2つのゼミに3年間所属して専門性深めることができるのは商学部の大きな特徴
  • Photo 2つのゼミに3年間所属して専門性深めることができるのは商学部の大きな特徴
  • Photo 2つのゼミに3年間所属して専門性深めることができるのは商学部の大きな特徴
  • Photo 2つのゼミに3年間所属して専門性深めることができるのは商学部の大きな特徴
  • Photo ゼミはキャンパスライフを彩ります

国際・留学

海外でビジネスを学ぶ / 学部独自の5協定校

グローバル化が進むビジネス環境を視野に、商学部では国際交流を推進しています。明治大学が結ぶ多数の協定校に加え、商学部の学生だけが留学できる協定校が5校あります。イギリス カーディフ大学のビジネススクールやフランス レンヌ商科大学などで、グローバルビジネスを体感しながら学ぶことができます。半年~1年の留学だけではなく、特定のテーマを設定した、2週間程度の短期留学プログラムも用意しています。また、協定校から迎える外国人留学生との交流も盛んに行っています。

  • Photo 海外で現地のビジネスを学べる機会が幅広く用意されている
  • Photo 学部独自の留学制度が充実している
  • Photo カーディフ大学カーディフビジネススクール(イギリス)
  • Photo ブレーメン州立経済工科大学(ドイツ)
  • Photo パリ商業高等大学マネジメント学部(フランス)
  • Photo レンヌ商科大学(フランス)
  • Photo マッセイ大学(ニュージーランド)
  • Photo 2017年度日韓ランゲージエクスチェンジプログラム参加者より(韓国文化体験)
  • Photo 韓国での短期留学プログラムでは、現地の日系企業担当者から直接話を聞く機会が設けられている
  • Photo 2018年度EBAプログラム参加者より(修了式の様子)

「商学部の現場」

学生記者が編集・発信 / 受験生のためのWEBサイト

商学部の学生記者や教員が、受験生に商学部の生の声を届ける「商学部の現場」というWEBサイトを公開しています。 ガイドブックやオープンキャンパスでは紹介しきれないゼミ活動、留学体験のほか、OB・OGインタビュー、空き時間の過ごし方、おすすめ授業や学食の人気メニューなど、写真やイラストを交えて分かりやすく紹介。楽しみながら生き生きと活動する商学部の学生をご覧ください。

  • Photo 学生記者が留学生にインタビューしているようす
  • Photo 空きコマの過ごし方も紹介
  • Photo 商学部生の留学体験談も学生目線で紹介
  • Photo 食堂のようすや人気メニューも紹介
  • Photo 食堂のようすや人気メニューも紹介
  • Photo 学生目線の豊富なコンテンツを揃えて受験生に伝えている

企業・地域と連携

ビジネス現場を体感 / ハイレベルな実践科目

商学部は、企業と連携したハイレベルで実践的な科目も多く用意しています。「フューチャースキル講座」では、入学直後から、企業に向けた課題解決の企画提案をするなど、貴重な経験ができます。総合講座B「ビジネスの現場」の授業では、あらゆる業種の企業経営者や第一線で活躍するビジネスパーソンから話を聞いたり、事業戦略上の課題に沿ってビジネスモデル構築に挑戦したりします。また、1~4年生が履修できる「特別テーマ実践科目」では、地域や企業などと協働で、社会の課題を読み解き、その解決策を企画・実行しています。

  • Photo 「フューチャースキル講座」の科目では入学直後から企業活動の醍醐味を体感できる
  • Photo 「ビジネスの現場」の科目でトップ対談を開催した(スノーピーク山井会長、スープストックトーキョー松尾社長と学生)
  • Photo 地域商店街と連携して商品をPRするようす
  • Photo ゼミ活動で社会現場を体感できる機会も多い(写真は富野貴弘ゼミの活動)

キャリア教育・進路

高い就職実績 / あらゆる業界で活躍

商学部の卒業生は、業界問わずあらゆるフィールドの第一線で活躍しています。これが社会的に評価され、毎年高い就職実績を挙げており、「就職の明治」を牽引しています。また、公認会計士試験にも毎年多数合格実績があり、監査法人への就職が多いことも特徴です。3年生では、企業・団体で実際に働く機会を得られる「ジョブ・インターンシップ」という商学部独自の科目があります。インターンシップ後に、プレゼン形式で成果報告をして評価を得ることで、単位を取ることもできます。

  • Photo 大学で培った力を世界中で業界問わず発揮している卒業生たち
  • Photo 「ジョブ・インターンシップ」で山崎製パンの実習に参加した学生
  • Photo 大学で培った力を世界中で業界問わず発揮している卒業生たち
  • Photo 大学で培った力を世界中で業界問わず発揮している卒業生たち
  • Photo 大学で培った力を世界中で業界問わず発揮している卒業生たち
  • Photo 大学で培った力を世界中で業界問わず発揮している卒業生たち
  • Photo 大学で培った力を世界中で業界問わず発揮している卒業生たち
  • Photo 大学で培った力を世界中で業界問わず発揮している卒業生たち
  • Photo 夏期2~3週間で「ジョブ・インターンシップ」を行い、成果報告会を実施している

資格取得

資格取得の土台を形成 / 難関資格にも強い

商学部の授業はマーケティング、統計学、会計学をはじめ、ビジネスで求められる専門分野が網羅的にラインナップされています。その中には、資格取得に関連する授業もあります。例えば、公認会計士、税理士をはじめ、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナー(FP)など、ビジネスの最前線で生かせる資格の取得に関係する授業も数多く設置。授業を通じて、資格取得のための土台となる考え方・知識を固めることができます。

  • Photo 商学部の講義科目はビジネスに関連する資格取得の基礎となる
  • Photo 商学部の講義科目はビジネスに関連する資格取得の基礎となる

ファッション

海外有名ブランドでの研修も / ビジネスとしてのファッション

商学部はファッションをビジネスとして深く学べるプログラムがあります。フレンチファッション・プログラムでは、本場パリで約2週間、第一線で活躍するプロフェッショナルから、ラグジュアリーブランドの歴史やファッションビジネス、マーケティング戦略を学びます。また、日々の授業でも、国内外のファッションブランドの現場に精通した実務家教員の授業を受講できます。最近では、ファッションに興味をもって商学部に入学する人も少なくありません。また、ファッションビジネスについて海外の大学と共同で研究を行うなど、研究交流も盛んです。

  • Photo フレンチファッション・プログラムでブランドの責任者からレクチャーを受けるようす
  • Photo ファッション分野のブランド、デザイナーに関する基礎などを英語で学びます
  • Photo フレンチファッション・プログラムのVMD課外授業でブティックに向かう履修生たち
  • Photo プログラム終了後には修了証も授与

商学部基本情報

学科
商学科
入学定員/専任教員数
1,150人/112人
キャンパス
[1~2年生]和泉キャンパス
[3~4年生]駿河台キャンパス
大学院
商学研究科(商学専攻)

商学部コンセプトムービー