Go Forward

学生記者が行く!Mスタインタビュー2015(テレビ朝日アナウンサー 林美沙希さん)

林 美沙希 さん(Misaki Hayashi)

株式会社テレビ朝日
総合編成局 アナウンス部

2013年情報コミュニケーション学部卒業

<プロフィール>
2013年4月、株式会社テレビ朝日に入社。研修を経て、アナウンス部に配属。
入社1年目に、深夜番組『アレはスゴイはず!?』アシスタント、『やべっちF.C.~日本サッカー応援宣言~』告知コーナーなど担当。2014年4月より『報道ステーション』お天気コーナーを担当。
ブログ「みさにっき」 http://www.tv-asahi.co.jp/reading/hst_hayashi/

Interviewer

情報コミュニケーション学部3年
中野 恵さん

現在のお仕事について

——アナウンサーになろうと思ったきっかけを教えていただけますか?

大学時代に入院することがあり、寂しい気持ちを紛らわせてくれたのがテレビでした。朝は情報番組、夜はバラエティとそこに出てきたアナウンサーの笑顔に元気づけられたんです。

全国のさまざまな人たちを楽しませ、励ますことができる存在に憧れを抱きました。
——現在のお仕事で苦労されていることや心がけていることはありますか?

気象予報士からレクチャーを受け、本番の構成を打ち合わせる

担当するお天気コーナーは、2分間という短い時間内に納めなくてはならず、間違えてもその場で修正しなければいけないところが大変です。

心がけていることは、先輩方からいただいたアドバイスなのですが、「小さいことでもいいので1日に1つでも課題を設定し、それをクリアする」。
日々の積み重ねが大きな力となり、自分自身の成長につながると信じています。
——現在、お仕事をされていてやりがいやこの仕事でよかったなと思う瞬間を教えてください。

本番撮影中!

梅取材で農家さんへ

やりがいは常に感じていますが、特に取材する機会が多いので、さまざまな方からお話を聞けるのは、よかったなと感じています。
今年は、さくらんぼや枝豆、梅などを作っている農家さんへ取材に行きました。自分が気になることは、仕事と関係なくカメラが回っていなくても、質問してしまいます。

先日、取材先で梅をいただいたので、自ら梅干しをつくることにチャレンジしました。なかなかうまくいかず、普段何気なく食べているものでも、愛情を持って作っている方がいる、苦労を知ることができることも本当に幸せなことです。

また、報道ステーションは全国放送なので、実家のある愛知県でも両親や親戚、地元の友人など多くの人たちに見てもらえています。
「いつも楽しみにしているよ」と言ってもらえるのが本当に嬉しくて、毎回2分間の中で、カメラの向こうにいる人たちを想像しながら伝えるようにしています。
——常に笑顔で仕事に臨まなくてはいけない、林さんの元気の源を教えてください。

人と話すことが本当に好きなので、先輩、後輩、同期などと話して元気を出しています。内容は仕事のことから、プライベートのことまで様々です。