第2回定例研究会「メインストリーム文化とLGBT」

開催期間:2016年11月23日
明治大学 情報コミュニケーション学部 ジェンダーセンター

メインストリーム文化とサブカルチャー、グローバル文化とローカル文化がせめぎ合う中、LGBTはどのように表象されるのか。インターネットやデジダルメディアがもたらす影響とは何か。話題の近刊『現地レポート 世界LGBT事情』の著者である、気鋭のフランス人社会学者による来日講演。

※予約不要・入場無料です。ふるってご参加ください。

【開催日時】2016年11月23日(水)17:00~19:00(開場16:45)
【会場】明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント1階グローバルホール
【主催】明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター

【講師】フレデリック・マルテル氏
作家、批評家、ジャーナリスト。社会学博士。パリ政治学院で教鞭をとった後、現在CERI(パリ政治学院付属研究所)研究主幹。複数の書評、文化サイトの運営に関わり、ラジオ番組「ソフトパワー」のプロデューサー兼司会者でもある。
著書に『超大国アメリカの文化力』(邦訳:岩波書店, 2009)、『メインストリーム:文化とメディアの世界戦争』(邦訳:岩波書店, 2012)、『現地レポート 世界LGBT事情』(邦訳:岩波書店, 2016)がある。


【コメンテーター】砂川秀樹氏
文化人類学者。『新宿二丁目の文化人類学:ゲイコミュニティから都市をまなざす』著者。ピンクドット沖縄共同代表。

【通訳】根本美作子 明治大学文学部教授
【司会】高馬京子 明治大学情報コミュニケーション学部准教授


上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.