教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

 明治大学専門職大学院会計専門職研究科では、高度会計専門職業人を養成するという理念と信念のもとに、高度の専門知識と職業的倫理観を有し、会計、監査、税務及び経営・ファイナンスの専門家としての技能や、情報技術への対応力を具備し、理論と実務の架橋教育を通じ、国際的業務への対応力及び実践的で高度な問題解決能力を有した人材の育成を目的としています。
 本研究科における教育課程編成及び実施方針は以下のとおりです。

CP1 本研究科が想定する高度会計専門職業人とは、①公認会計士、②企業等の民間部門若しくは国・地方公共団体等の公的部門における会計専門職、③税理士、④会計、監査、租税及び経営・ファイナンス分野における研究者を指す。
本研究科では、こうした高度会計専門職業人の養成を目的として「会計専修コース」及び「税務専修コース」を設置する。

CP2 設置科目を学問系統別(財務会計系、管理会計系、監査系、企業法系、租税法系、経営・ファイナンス系)に区分し、各系に属する基礎科目、基本科目、発展科目、応用実践科目(研究指導を含む)を配置し、体系的かつ段階的な教育を行う。

CP3 各科目には前提科目(当該科目を履修するにあたって、事前に履修しておくことが前提とされる科目)と、推奨科目(当該科目を履修するにあたって、事前又は同時に履修することが推奨される科目)を明らかにし、相互の関連性を履修順序として明示したカリキュラムマップを整備することで、志望する高度会計専門職業人の職務領域の差異に対応する体系的な科目履修を可能としている。

問い合わせ先

専門職大学院事務室
駿河台キャンパス
〒101-8301
東京都千代田区神田駿河台1-1
アカデミーコモン10階
TEL:03-3296-2399
E-mail:kaikei@mics.meiji.ac.jp

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.