研究科長あいさつ

新たな道すじを求める主役として 

ガバナンス研究科長 Ph.D.市川宏雄 ガバナンス研究科長 Ph.D.市川宏雄

 21世紀は1990年代前半のバブル経済崩壊によって引き起こされた経済の長期的な低迷のなかでその幕が開けられました。急速に進展するグローバリゼーションの下で、国際競争力という視点から日本の国力に疑問符がついた時期でした。それでも、リストラや運営システムの改変によってとりあえず元気を取り戻した日本の企業に、今度は、サブプライムローンの破綻に端を発した世界的な経済の不況がのしかかりました。しかも、2011年3月には未曾有の災害が東日本を襲い、地震、津波、原発事故の連鎖で、再び日本を苦しめ、日本人の力がさらに試される状況となりました。

 長い間の保守政権のくびきから離たれた政治の世界も、新たな政権を担った民主党への期待は大きな失望に変わりました。再び保守政権へ回帰した日本はどこへ向かうのか。今度こそはという期待は高まっています。住民は身近な自治体の行政運営と中央政府のあり方にますます敏感になっています。これからの社会の運営に、在来型の解決手法はそのまま通じません。問題解決の責任が社会を構成する人びとと自らの手に委ねられたのです。地域レベルでの政策の形成や運営に関して、関係する人びとの能力を強化することが喫緊の課題になったのです。

 公共政策大学院「ガバナンス研究科」は、こうした時代背景のもとで、専門職大学院として、あたらしい時代の政治や行政に対応できる人材を養成することを目的にしています。高度な知識と視野を備えた職業人を育成し、それらの人びとの政策作成や政策処理能力を高めようとするのが、この研究科の特徴です。あたらしい研究科をガバメントと呼ばず、「ガバナンス」と命名しているのは、これからの政治や行政の理想型を意図しているからです。政府、自治体、それに住民や企業、さらにはNPOやNGOが力を合わせ、社会の運営にあたらなければならない協働の時代となっているのです。

 この研究科では、実務や海外経験の豊富な教員と熱意にあふれる学生が一体となって様々な方策を考えます。現在進行形のさまざまな事例研究や課題についての発表など、参加者中心のカリキュラムが大きな特色です。市長や区長をはじめ、議員や公務員の皆さん、会社員の皆さん、NPOやNGOで活躍中の人びと、それに今後、政治の世界や公務員を目指す人びとなど、アカデミーコモンに集う皆が、それぞれ主役です。ガバナンスの主役は個人の潜在力とやる気から生まれ育ってくるのです。そして、この研究科に学んだ人びとは、ガバナンス・ファミリーの一員として、駿河台での2年間が終わったあとも生涯にわたってそのネットワークを持続することが約束されています。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.