ブレーメン留学体験記7 大場 貴之

商学部商学科 大場 貴之
留学期間: 2009年9月~2010年8月(3年次に留学)

 大半の人がそうであるように,私自身,ドイツ語を大学から学び始めました。学ぶきっかけは,ただ単純に知り合いの先輩がドイツ語を学んでいたこと,また自分の専門領域である日本の「会計」は,アメリカとドイツの会計制度を元に成り立っていたことの2つであり,特別な理由はありませんでした。
 そんな私が留学に興味を持ち,実際に1年間留学を終えるに至った経緯を少し話したいと思います。最初のきっかけ。それは1年次の小テストで満点を取ったことでした。担当の先生に褒められ,ドイツ留学の話を勧められ,その後実際にブレーメン経済工科大学から来ていた留学生と交流。まだドイツ語習いたての当時の自分では,もちろんドイツ語でコミュニケーションを取れるはずもなく,留学生とはほぼ日本語で話していました。そのことが逆に,「しゃべれるようになりたい」という気持ちを芽生えさせてくれたのです。

≪大場さんは商学部の協定校・ブレーメン経済工科大学に留学した商学部学生の1人です。留学出発から帰国した現在に至るまでの心の変化を含め,留学生活を通して手に入れたものについて語ってくれました。大場さんの「帰国報告書」から,その部分を紹介させていただきます。≫

 そしてついに,留学へ旅立つ時がやってきました。いくら日本で勉強したと言っても,文法学習が中心で,「話す」ことには慣れていなく,また現地の人達の会話のスピードでは聞き取ることもできず,着いた当時は悲惨な状態でした。
 明治大学から先に留学していた先輩に助けられながら最初は生活していましたが,やはり異国の地で生活することから来るストレスは予想以上で,体調を崩した時期もありました。その時は精神面もボロボロでした。そして,「1年間やっていけるのだろうか」「半年で帰ったほうがいいのか」「早く日本に帰りたい」そんなことを考えたときもありました。
 しかし,恩師が言ってくれたある言葉が,自分をどん底から救ってくれたのです。それは,「できないことを悔やむ前に,今できることを考えなさい」。自分はすっかり留学の目的や,日本で応援してくれている人達の事を忘れ,逃げ出すことしか考えていなかったのです。そのことに気づいてからは,とりあえず何事にも自分から飛び込み,笑われながらもドイツ語を話し,どんな辛いことがあっても落ちることなく,乗り越えることができました。
 そうしているうちに,どんどんとドイツ語を話せるようになり,友人も増え,自分1人でも生活ができるようになっていきました。



このような留学生活を通して,自分が何を手に入れたか。そう質問されたとしたら,胸を張って言えることが3つあります。1つ目はどん底から這い上がる気持ちの強さ。落ちるところまで落ちると,あとは上がるしかないと思います。多少落ちることはあっても,自分が諦めずに努力を続ければ,結果はついてきます。そのことに気づけたことは,自分の中で大きな糧となりました。
 2つ目は,なんといっても国を超えた友人です。育ってきた環境や文化,言葉が違う者どうしでも,ちゃんと向きあえばどんな人とでも友達になることができました。
 喧嘩をしたこともあったのですが,お互いの考えていることをまっすぐに伝え,改めて気づくお互いの背景(国や文化)というものを理解することができました。喧嘩をした彼も,今では親友となり,帰るときにある素晴らしい詩をもらいました。「お互い離れた場所にいても心はつながっている。」この詩を忘れない限り,彼とはいつでもつながっている気がします。
 そして最後の3つ目は,周りの人の大切さに気づけたことや周りの人への感謝への気持ちを昔以上に持てたことです。出発する前に,高校時代の友人やゼミの仲間,クラスメイト,アルバイトやインターンシップに仲間など,あらゆる人達が自分の留学を祝ってくれ,応援してくれました。留学中もメッセージや色紙を送ってくれたり,メールやスカイプで連絡を取り合い,常に私を気にかけてくれていました。「自分はなんて幸せ者なんだろう」と心から思った瞬間もありました。普段から感謝の気持ちを持っていなければいけないのかもしれませんが,留学をして日本を離れるまで,実感することは難しかったなと思います。

 長くなってしまいましたが,これらは私の「留学」の一部にしか過ぎません。そして,一人ひとり違う「留学の形・内容」があると思います。留学をしたことにより,正直たくさん失ったものもありました。しかしそれと同じくらい,もしくはそれ以上に得るものがありました。
 きっとこれを読んでいる人は,少なからず留学に興味を持っている人たちだと思います。卒業や就職,金銭面やゼミなど,色々悩むことはあると思いますが,ぜひ妥協せず悩みきってください!そしてその上で,「留学」という答えを出せたのなら,きっとあなたも素晴らしく,そして貴重な時間を手に入れることができるでしょう。
 みなさんといつか,ブレーメンの話で盛り上がれる日を楽しみにしています。



≪大場さん,メッセージとご報告,どうもありがとうございました。≫

上へ戻る