商学部

在学生向け

関連情報

学部長メッセージ メッセージ一覧

世界で活躍できるビジネスパーソンの養成を目指して

商学部長  出見世 信之 商学部長  出見世 信之

明治大学商学部は、2014年に学部創設110周年を迎えました。

欧米の著名な大学の商学部は、そのほとんどが今から100年程前に創設されています。
それは、19世紀末から20世紀初頭にかけて、交通通信革命と国際競争が激しさを増し、世界を舞台に活躍できるビジネスパーソンの養成が欧米においてのみならず、当時の新興国日本においても強く求められたからです。

今日、情報通信技術の進展、新興諸国の経済発展などにより、100年前よりもグローバル化が進展しています。一方で、地球温暖化、資源の枯渇などの問題を解決することが、各国経済の持続可能な発展には不可欠です。そのため、100年前よりもはるかに高い能力を備えたビジネスパーソンの養成がますます必要となっています。「安さ」や「便利さ」などを実現する能力ばかりでなく、それらを「社会貢献」や「サステナビリティ」とつなげる能力が求められているのです。

明治大学商学部は、「学理実際兼ね通ずる人材の養成」という学部創設以来の基本的教育理念を堅持しながら、新たな時代の要請に柔軟に対応できるコース制(1学科7コース制)を採用しています。さらに、学部創設101年目以降、商学の専門知識と深い教養をつなげることができるよう、一連の先進的な学部改革に取組んでいます。たとえば、2年次より「商学専門演習」「総合学際演習」を同時に履修できる、演習教育のダブル・コア化を導入し、「総合講座 商学入門」「総合講座 商学研究入門」「特別テーマ実践科目」「特別テーマ海外研修科目」などの科目を新たに設置しました。

明治大学商学部は、「総合的市場科学」としての商学の基礎から実践までの体系的教育システムに基づき、新たな時代を担って世界で広く活躍できるビジネスパーソンの養成を目指しております。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.