経営学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

経営学研究科教員公募

  • 特任教員公募

大学院修了生から

修了生からのメッセージ 【博士前期課程】

経営学専攻
博士前期課程 リサーチコース 2018年3月修了 
坂本重郷 SAKAMOTO Shigesato 

      大学院ならではの交流
       
 私は、明治大学経営学部から経営学研究科へ進学しました。大学院に進学した理由は
単純で、「どうすれば効率的に知識を習得できるのか」という事に興味を持ったからです。
 実際に大学院へ進学して感じた大学との差は学生の多様性でした。学部時代は同年代の
中で人間関係が構築される事が多いと思いますが、大学院では違います。大学から大学院
へ進学した人から、定年を迎えて新たな学びを求めて進学した人まで、海外からの留学生や
社会保険労務士、中小企業診断士など様々な人達が集まっており、まさにダイバーシティな
空間といえるでしょう。そのような環境で学ぶことで私自身成長できたと思っています。
違った価値観や視点に触れる事は研究や学生生活の参考になり、彼らの意欲に触発され
多くの事に挑戦する事ができました。
 特に博士前期課程1年目の冬からはU T Mのダブルディグリープログラムに参加し、
学部生時代には考えもしなかった生活を送りました。
大学院という環境は交流の場所でもあります。普段関わりの無い人達と関わる事は興味の
探究を助けるだけでなく、自己成長の機会にもなると私は思っています。

【中西晶研究室】
私は、中西晶研究室で「知識移転」の研究を行いました。中西晶教授は産業・組織心理学や
ナレッジ・マネジメント等の講義を担当しており、広い分野をカバーしています。
そのため、ゼミ生の研究も様々で、他分野の研究も知る事ができました。
他分野を知る機会に恵まれたのも中西晶教授の広い視野と深い知識のおかげと感謝しています。


 

修了生からのメッセージ 【博士後期課程】
経営学専攻 2017年3月修了
村上 翔一 MURAKAMI Shoichi

 
    多面的な考え方を学んだ研究科
 
 私が大学院へ進学したのは、学部生の頃に家電量販店などで発行される
ポイントの実務上における会計処理に疑問を抱いたことがきっかけです。
 当該会計処理に対して、学部で学んだ知識をもとに考えても一向に理解が
できなかったため、大学院で考究することに決めました。
 入学後はポイント取引に関する様々な国内外の文献を読み、知識を蓄え整理し、
検討を重ねました。当該検討に際して、明治には様々な分野の会計の先生がおり、
示唆に富む多くのご意見を賜りました。このご意見は修了後の現在においても貴重
で、私見を吟味する際の重要な視点となっております。
 また経営学研究科では、明治の経営学部の方は大学院の講義を履修できる制度、
入学後にはRA・助手制度など、学生・院生をサポートする制度が充実しております。
 明治は研究環境が充実した大学です。また、経営学研究科には、会計学に関する
先生が多くいらっしゃいます。何か些細なことでも会計学に関する疑問点があれば、
経営学研究科で研究をしてみるのはいかがでしょうか?

【研究室紹介】
 師事していた教授:大倉学教授
 
 私は、学部生の頃から大倉学教授にご指導賜りました。国内外の財務会計に関する
概念に造詣が深く、私の具体的な研究テーマに対する理論的で丁寧なご指導は、私の
研究者生活に必要な能力の基礎となっております。
 また、研究室内には多くの院生がおり、会計学の歴史的変遷や理論的整合性などを
中心に緻密な検討が行われております。
 
 

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.