経営学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

経営学研究科教員公募

  • 特任教員公募

大学院修了生から

修了生からのメッセージ 【博士前期課程】

経営学専攻
リサーチコース 2017年3月修了  
眞嶋 洋平  MAJIMA Yohei

      主体的に,問題解決力を磨く
 
 大学院生と大学の学部生の大きな違いは,主体的に課題を見つけ,解決策を提案
することが求められるかどうかです。
 大学院生には論文執筆や研究報告といった研究活動を通じて,社会の抱える課題
に対して解決策を提案していくことが求められます。私自身,最初から十分な能力
が備わっていたかというと,決してそうではありません。
 大学院に入学し,指導教授,先輩方,同級生と議論を重ね,論文投稿や国内外で
の研究発表を経験し,諸先生方から助言を頂くことで,専門知識,論理的思考,語
学力といった問題解決の基礎力を少しずつ磨いていきました。また,自身の見識を
広げるために,マレーシアのUniversiti Teknologi Malaysiaにダブルマスターとして
留学し,様々な経験をもった人々と意見を交えたことも自身を成長させる一つの要
因でした。経営学研究科には,留学制度や各種助成制度など,成長をサポートして
くれる仕組みが豊富にあります。主体的に課題に取り組み,社会に向けた問題解決
力を磨きたいと考えるならば,それをサポートしてくれる場が,ここにはあります。

 
【研究室紹介】
 私は,鈴木研一教授の下で,マネジメント・コントロールに関する研究を行いま
した。鈴木研究室では,海外留学や国内外での研究発表が盛んで,非常に刺激のあ
る日々を過ごしていました。何よりも,先輩方が非常に協力的で,研究活動以外に
も,自身の進路等についても,多くの助言を頂くことができる環境です。
 

修了生からのメッセージ 【博士後期課程】
経営学専攻 2016年3月修了
宮田 憲一 MIYATA  Kenichi

  
    「研究者の道」へのプラットフォーム

 私が研究者の道を志したのは,学部生の頃に抱いた単純な疑問からでした。
「なぜ成長し続ける企業と低迷する企業に分かれてしまうのか。」この問題を正確に
理解したいと思い進学を決めました。
 実のところ,国際的に研究活動する能力を身につけようと,当初は留学を考えてい
ました。しかし,幸運にもJSPSの特別研究員になる機会を頂き,また経営学研究科が
国際的な研究活動を推奨していることを知り,明治に進学しました。博士課程を修了
した今思うことは,この決断は正解だったということです。助手制度や学会報告助成
制度など院生生活の金銭的な不安を解消する全国トップクラスの支援制度,国際会議
の参加や海外留学の機会,日本そして外国にも造詣が深い教授陣,何より私の研究に
必要であった理論と実証の知識を深く学べる貴重な場,それらを提供してくれたのが
明治でした。これら支援と機会を通じて,私は海外へ研究を発信し,また外国の研究
者と議論する能力を身につけることができました。
 経営学研究科は,世界に通用する研究者になるためのプラットフォームを用意して
くれています。明治から世界の経営学を発展させてみませんか?


【研究室紹介】
 私は,安部悦生教授に指導を仰いできました。
世界各国の企業経営の発展に造詣が深く,また経営戦略など理論的にも幅広い知識
をお持ちで,私の質問に丁寧に答えて下さいました。
 加えて,英語力の向上,ハーバード大学での在外研究や海外研究者との交流など
の機会を頂けたことで,国際的な研究活動に必要な能力を培うことができました。

 

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.