特別セミナー「評価を活用した地域コミュニティにおけるSDGs達成に向けた効果的な実践とは」のご案内(12月1日開催、会場変更、予約枠増枠)

日時:2018年12月1日(土)10:30~12:10
定員:350名(200枠増枠)
場所:明治大学 駿河台キャンパス

(主催)明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科、(共催)明治大学プログラム評価研究所
「評価を活用した地域コミュニティにおけるSDGs達成に向けた効果的な実践とは」

評価は、地域課題を解決する際に「一体何が貢献し、何が貢献しないのか」について理解する根拠を導き出せるツールであり、人々が地域課題を「自分ごと」として捉えられるために必要なオーナーシップを引き出すことができます。国連が推進するグローバルな枠組みである「持続可能な開発目標(SDGs)」を地域で浸透させるには、多くの人々のオーナーシップや参加が必要不可欠であり、これこそが「SDGsは人間中心のムーブメントである」と言われる理由でもあります。本特別セミナーでは、米国からSDGsに関する評価の第一人者であるデボラ・ラグ博士をお迎えし、評価を用いた地域でのSDGs達成に向けた実践についてお話いただきます。

イベント概要

特別セミナー「評価を活用した地域コミュニティにおけるSDGs達成に向けた効果的な実践とは」フライヤー 画像クリックで拡大表示 ≫

スピーカー

デボラ・ラグ博士 Dr.Deborah Rugg デボラ・ラグ博士 Dr.Deborah Rugg

デボラ・ラグ博士 Dr.Deborah Rugg

米国クレアモント大学院大学教授,及びクレアモント評価センター・ニューヨーク センター長。
これまで国連評価グループ長、国連事務局監査・評価課長を歴任し,2030アジェンダ最終交渉時には,国連事務局シニア評価アドバイザーを務める。
現在は全米評価学会理事としても活躍。

コメンテーター

源 由理子 ガバナンス研究科長 源 由理子 ガバナンス研究科長

源 由理子 ガバナンス研究科長

国際基督教大学卒。アメリカ国際経営大学院修士課程修了。東京工業大学大学院社会理工学研究科博士後期課程(人間行動システム専攻)修了、博士(学術)。国際協力事業団(現国際協力機構、JICA)等を経てマネジメント・コンサルティング業務に従事。その間、JICA・世界銀行・NGO等におけるマネジメント及び評価制度・手法の調査研究を数多く手がける。また近年は、日本の自治体やNPOにおける評価制度構築、参加型評価にも携わる。日本評価学会副会長。源由理子教授の詳しいプロフィールはこちら ≫

アクセス

  • JR中央線・総武線/御茶ノ水駅(駅番号:JC03・JB18)下車徒歩約3分
  • 東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅(駅番号:M20)下車徒歩約3分
  • 東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅(駅番号:C12)下車徒歩約5分
  • 都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅(駅番号:I10・S06・Z07)下車徒歩約5分

問い合わせ先

明治大学プログラム評価研究所(担当:高木)
E-mail:ipe@meiji.ac.jp

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.