国際日本学実践科目A主催の講演会が開催されました

2015年07月22日
明治大学 中野教務事務室

7月9日の4時限目に、国際日本学実践科目A主催の講演会が404教室で開催されました。この授業では、日本に長く住んでいる外国人を招いて、日本人とは違う視点から見た日本文化を学んでいます。今回は在日8年でライターや翻訳家として活躍されているベンジャミン・ボアズ氏に「日本オタクなインテリアメリカ人!?-ベンジャミン・ボアズさんと考えるクールジャパン-」というテーマでお話を頂きました。

4歳から親しんだ日本の漫画やゲームを通じて、日本文化の様々なことを学び、日米の懸け橋となる仕事に就くまでの経験をお話されました。ほとんど何も分からないままの17歳の初来日から今日まで、人々との交流を通じて多くを学び、ますます日本のことが好きになったそうです。その経験から、学生には語学などの準備が不十分でも構わないので是非留学に一歩踏み出して欲しいとの強いメッセージでした。

テーマや講師の選定から当日の運営に関わる全てのロジスティックスまでこの科目の履修生が主体的に計画し実施する本来の目的が達成でき、予想を超えて立ち見の学生がでるほどの盛会でした。(担当:小林明准教授)

「国際日本学部 ニュース一覧 2015年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.