国際日本学部山脇ゼミが多文化共生ワークショップ「外国にルーツを持つ若者たちの今・仕事・夢」を開催しました

2015年11月25日
明治大学 中野教務事務室

宮本エリアナさんにインタビューする山脇教授と五十嵐さん宮本エリアナさんにインタビューする山脇教授と五十嵐さん

質問に答える宮本エリアナさん質問に答える宮本エリアナさん

外国ルーツの4人の話題提供者外国ルーツの4人の話題提供者

国際日本学部山脇ゼミは、NPO法人多文化共生センター東京、NPO法人多文化共生マネージャー全国協議会との共催で、11月14日(土)に中野キャンパスで「多文化共生ワークショップin東京~外国にルーツを持つ若者たちの今・仕事・夢」を開催しました。

本イベントは2部構成で、第1部はミスユニバース日本代表の宮本エリアナさんを迎え、山脇啓造教授と五十嵐ハスティーさん(山脇ゼミ4年)が聞き手となってのスペシャルトーク、そして第2部は、外国にルーツを持ち日本で活躍する4人の話題提供者による分科会が行われました。

第1部の宮本エリアナさんのスペシャルトークでは、日本で幼い頃に経験した偏見や差別に関する話や、「ハーフ」である彼女が日本代表として優勝したことに対する国内外のメディアの反応、今後の夢などについてお話をしていただきました。

次に、第2部では、来場者が自身の関心に従って4人の外国ルーツの話題提供者の分科会会場に移動し、各教室では話題提供者の報告後、参加者との質疑や意見交換が行われました。最後の全体会では学生や一般の来場者を合わせて150名ほどの参加がありました。参加者からは、多文化共生のイベントでは、なかなか外国ルーツの当事者の声を聞くことがないが、今回は多様な外国ルーツの若者の意見を知ることができる画期的な場となったとの感想が出されました。

分科会での話題提供者4名にお話いただいたテーマは、以下のとおりです。

景山宙さん(中国出身) 東京工業大学大学院卒業 自動車メーカー勤務「親との関係性、仕事から考えた多文化共生の必要性」

ティチ イェイェンさん(ミャンマー出身) 新宿アートプロジェクト・写真家 「国・文化を横断する新しい働き方、生き方を創り出す」

グェン ティ・ホン ハウさん(ベトナム難民2世 日本出身)NHKエンタープライズ国際展開センター勤務「自分のルーツや個性を生かしながら、切り拓いていく」

秋元 ヴェニシウス 光さん(ブラジル出身)高度人材プログラム実行委員長「私たちの持つ力~国籍や身分をこえて創り出す強さ~」

「国際日本学部 ニュース一覧 2015年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.