山脇ゼミが「なかの生涯学習大学」と合同ゼミを実施しました

2018年06月25日
明治大学 中野教務事務室

国際日本学部の山脇啓造ゼミナール(多文化共生論)は、中野区教育委員会主催の生涯学習プログラム「なかの生涯学習大学」の受講生と、6月5日と19日に中野キャンパスのプレゼンスペースで合同ゼミを開きました。生涯学習大学のゼミと山脇ゼミが合同でゼミを開くのは今年で3年目となります。

「なかの生涯学習大学」は、中野区在住の55歳以上の方を対象に、現代社会の課題や地域の現状について学習する取り組みです。今回、「なかの生涯学習大学」の多文化共生をテーマにするグループは、5回の活動の中で、地域における多文化共生の活動プランを立案するのが目標で、そのうち第2回と第4回において山脇ゼミと合同ゼミを開きました。なかの生涯学習大学からは約30名、山脇ゼミからは三年生中心に約20名が参加しました。

一回目のテーマは「中野を多文化共生が進んだまちにするためには、何が必要か」で、生涯学習大学の受講生と山脇ゼミの学生が5つのグループに分かれて、
多文化共生が進んだまちにするためのプランのテーマを考えました。

二回目には各グループが一回目に考えたプランの具体案について、意見交換しました。ごみ問題や外国人相談、やさしい日本語などが取り上げられました。グループによっては今後も活動を共にする可能性もあり、大学と地域のさらなる交流が期待できると感じました。

中野区の多文化共生について、実際に中野区で暮らす方々の実体験や意見を聞くことができると同時に、違う世代の観点からの議論ができ、とても貴重な機会でした。

(国際日本学部3年 酒井優実)

この記事に関連するページ

「国際日本学部 ニュース一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.