美濃部 仁 MINOBE Hitoshi

ミノベ ヒトシ

職格
教授
学位
博士(文学)
最終学歴
京都大学大学院
研究業績等
教員データベース
E-mail
minobe■kisc.meiji.ac.jp (■を@に置き換えてください)
専攻分野(研究分野)
哲学、とくに宗教哲学

研究テーマ

西田幾多郎とドイツ観念論における「絶対的なもの」を、とくに「自我」との関係において研究

キーワード

自己、自己否定、絶対者

主な担当講義

宗教と哲学

講義概要

この授業では、過去のすぐれた思想家に学びつつ、ものの意味や価値を一から考え直してみることを試みます。それは哲学の営みにほかなりませんが、ものの意味や価値をつきつめて考えて行くとどうしても最後には「絶対的なもの」が問題になります。そこで哲学は宗教にぶつかります。主にキリスト教と仏教の伝統を顧みつつ、哲学と宗教の触れ合う領域の事柄を考えたいと思います。

※「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

真理探究は問題との出会いから始まる。世界と自己に問題を感じる人、お話しましょう。

主な著書・論文

「西田とフィヒテ—「絶対無」と「絶対者」の親近性」
(『禅と京都哲学』燈影舎・2006年)
『久松真一 覚の哲学』(編集解説・燈影舎・2002年)

「専任教員一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.