農学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求等はこちら

学内情報サービス

研究科長あいさつ

農学研究科長  博士(農学)  竹中 麻子

農学研究科長                                博士(農学)                                             竹中 麻子

 農学は、地球の生態系を持続的に保持しながら食料や生物資材を生産するための科学技術を担う研究分野です。地球規模の環境問題が深刻化している現在、農学に期待される役割はこれまでになく大きなものになっています。こうした重要な課題の解決に向けて、明治大学大学院農学研究科は「食糧・環境・生命」をキーワードに、ライフサイエンスから社会科学にいたる幅広いアプローチで教育・研究を行っています。
 本研究科には農芸化学、農学、農業経済学、生命科学の4専攻が設置されており、教員と大学院生による活発な教育・研究活動が行われています。ライフサイエンス分野の最先端の研究に要求される高度な研究機器類が整備され、充実した研究体制を整えています。これに加え、2011年に「明治大学植物工場基盤技術研究センター」、2012年に環境・自然・地域との共生をコンセプトとする「黒川農場」が開設され、さらに2014年には最新設備を持つ新校舎が完成し、活発な活動を支援する設備はますます充実しています。大学院生の皆さんの努力により、高水準の学術論文・学会発表等が本研究科から数多く発信されていることは大変喜ばしい限りです。今後も新たな技術を積極的に導入すると共に教員スタッフの充実を図り、研究面での社会貢献を目指していきます。
 さらに本研究科では、高度な専門知識を備え、広い視野から問題解決に当たることができる人材の育成を目標とし、大学院生への支援を充実させています。具体的には、若手研究者の育成を目的とする助手制度、教育者・研究者へのトレーニングとなるティーチングアシスタント(TA)・リサーチアシスタント(RA)制度、各種奨学金、進路決定をサポートするキャリア支援制度などが挙げられます。大学院生の皆さんが充実した研究生活を送ることができるように、教職員一同努力してまいります。農学分野の研究に志を持つ多くの方々の入学を期待しております。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.