研究施設・設備一覧

液体クロマトグラフ質量分析計(LC-MS/MS)

液体クロマトグラフ質量分析計

複合試料が高速で分離できる装置に最先端の質量分析計を結合させた機器。ペプチドなど低分子化合物の質量を素早く高感度で分析できます。

蛍光画像解析装置

蛍光画像解析装置

電気泳動したゲルに含まれるタンパク質や核酸の大きさや濃度などを測定できます。

飛行型質量分析計(MALDI/TOF-MS)

飛行型質量分析計(MALDI/TOF-MS)

田中耕一さんのノーベル賞受賞(2002年)で、その名前が一般的にも知られるようになった質量分析計。タンパク質や核酸などの高分子化合物の質量を超微量で分析できます。

DNA シークエンサー

DNA シークエンサー

DNAの塩基配列を自動的に解読する装置。データベース検索と組み合わせることで、どのような生理機能が隠されているのか解析できます。

走査型電子顕微鏡(SEM)

走査型電子顕微鏡(SEM)

物質の表面構造を観察するときに用いられる電子顕微鏡。微生物の丸ごとの形態や動植物の組織構造などの観察に利用されています。

セクショニング蛍光顕微鏡

セクショニング蛍光顕微鏡

酵母など微生物や、動物細胞の内部でおきているダイナミックな変化を「生きたまま」「リアルタイムで」観察することができます。細胞内の特定のタンパク質を赤や緑の蛍光で検出し、それらの立体的な精密画像を解析することで、細胞分裂や細胞内小器官の変化の様子を研究しています。

透過型電子顕微鏡(TEM)

透過型電子顕微鏡(TEM)

小・中学校でよく使われる光学顕微鏡より、10万倍以上小さな物が見える顕微鏡。ナノスケールのウィルスやタンパク質1分子を観察できます。

誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS)

誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS)

高温のプラズマと磁場の中に液化試料を導入し、わずかな質量差をとらえて土壌、動植物など、物質を構成している多元素の微量分析ができます。

マイクロアレイデータ処理装置

マイクロアレイデータ処理装置

刺激や環境条件による数千種類の遺伝子発現の変化を網羅的に調べる装置で、ポストゲノム解析に活用しています。

ガスクロマトグラフ/質量分析装置(GC/MS)

ガスクロマトグラフ

ガスクロマトグラフ(GC)と質量分析装置(MS)を結合した複合装置です。GCで分離した単一成分についてMSスペクトルを測定することにより成分の定性を行い、MSにより検出されたイオンの強度により定量を行います。有機化合物(特に低分子量成分)の定性・定量を目的とした分析に活用しています。

共焦点レーザー顕微鏡

共焦点レーザー顕微鏡

レーザー光源を用いることでCTスキャンのように細胞の断層写真を撮ることができる特殊な顕微鏡です。データを集めてコンピュータ上で三次元立体画像をつくることもできます。細胞内のタンパク質、染色体などの状態を解析するのに活用しています。右上の写真はヒトT細胞の顕微鏡写真。

解析用サーバー

解析用サーバー

コンピューター(サーバー)は大規模解析を実現します。解析用サーバーでは、ゲノム配列決定や新規遺伝子探索、生物種間での遺伝子の類似性の解明などさまざまな大規模解析を可能とします。また、解析データを全世界に発信するWebサーバー機能も備えています。

水利実験場

水利実験場

維持管理が容易で、環境に配慮した水路や取入堰などの水利施設の開発や改良をするために模型を製作して実験を行っています。写真は、農業用水路を使った小水力発電のための水車の実験をしているところです。

バイオテクノロジー実験設備棟

バイオテクノロジー実験設備棟

植物・微生物等の遺伝子組換え実験を行うためのクリーンルーム。外気からのホコリの浸入を防ぐエア・カーテン設備、および組換え植物の花粉等が外に拡散しないための設備を有しています。

植物培養室

植物培養室

光や温度・湿度を人工的に調節できる培養室です。遺伝子導入した細胞からの植物個体の再生や、低温・乾燥などの環境条件に対する植物の応答や遺伝子機能の解析に利用しています。

ライシメータ

ライシメータ

作物を実際に栽培しながら、降雨量、灌水量、および排水量を観測し、作物の蒸発散量(要水量)を経時的に捉えるための施設です。地下水を調節することも可能であり、作物生産において重要な水収支との関係を定量的に解析しています。

温室

温室

水耕栽培・礫耕栽培としての施設園芸を行っている研究実験用の温室です。主に品種改良等を試験的に栽培したりするために使用されています。

温室効果ガス交換量測定装置

温室効果ガス交換量測定装置

水田において温室効果ガス(CO2、 N2O、CH4)の発生量と吸収量を経時的に測定する装置で、3次元超音波風速計と光音響式ガスモニターから構成されています。熱収支各項と土壌環境の測定も同時に行っています。

実験動物飼育施設

温度・湿度調整された設備の中で、マウス・ラットを飼育している。
  ・小動物飼育室  12室
  ・中動物飼育室   3室

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.