大学付属農場

農場実習とは

農場実習

農場実習は「実地を重視し、実地を通じて理解を深め、研究をすすめていくという農学の基本的性格」を早い時期に、しかも具体的に展開・経験できるように1年次に設置されている全学科共通の基礎科目です。2012年度からは新農場において、各学科独自のカリキュラムに基づき、担当教員と農場職員の指導のもと行われています。新農場は生田キャンパスからも近く、また都市部に近接しながらも里山を配するという地の利を生かし、「種蒔きから収穫まで」、「都市と里山」という2つのキーワードを軸とし、体験と実践を基本としたユニークな実習教育を行っています。

黒川農場

自然と共存する、最先端農場。

環境・自然・地域との共生をコンセプトに、神奈川県川崎市麻生区の黒川地区に新農場を開場しました。生田キャンパスからも近く、これまでの千葉県・誉田や山梨県・富士吉田の両農場では難しかった年間を通じた持続的な実習なども可能となります。当農場は、黒川地区の自然を最大限に活かした設計がされており、先端技術を駆使した生産効率性の高い栽培システムと環境保全型システムを併せ持ちます。また、地域と大学の連携による多目的な都市型農場を目指します。

黒川農場イメージ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.