農学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求等はこちら

学内情報サービス

農学研究科の教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

農学研究科

博士前期課程

 農学研究科博士前期課程は、自然と人間の持続的な共生と調和を目指して、「食料・環境・生命」の総合科学を推進するために、4つの専攻を設置し、以下のカリキュラム編成方針に基づいた教育を行います。

 〇 農芸化学専攻:生物や環境の構造と機能及び物質変化(代謝・生態)の本質的解明を人間生活に応用することを目指し、特に食品科学、微生物科学、栄養科学、環境科学などの分野に重きを置いたカリキュラム編成を行います。
 〇 農学専攻:農業生物資源の効率的生産と利用を図る分野、及び水土と緑を対象とする分野において、植物、動物、微生物について遺伝子、細胞、個体、個体群、地域レベルでの基礎及び応用を重視したカリキュラム編成を行います。
 〇 農業経済学専攻:わが国の食料の生産・流通・貿易・加工・消費の社会経済的側面、先進国と途上国の農業・食料事情、そして環境保全・国土保全等を含む農業・農村の多面的機能の解明に重きを置いたカリキュラム編成を行います。
 〇 生命科学専攻:農学の革新的な発展に不可欠な生命科学の基礎研究の展開を目指し、動植物・微生物の生物機能の分子・遺伝子レベルでの理解とその生物工学的応用に関わる分野で基礎と応用の融合したカリキュラム編成を行います。

 これらのカリキュラム編成方針を踏まえ、研究指導においては特論や演習及び実験・調査を通して、国際性と高度な専門性を培うことを重視した指導体制を構築しています。

博士後期課程

 農学研究科博士後期課程は、「食料・環境・生命」分野における、分子レベルから地球環境レベルに至る多様な課題について、ライフサイエンスから社会科学までの幅広いアプローチにより、高度な専門知識を備え、広い視野から問題解決に当たることができる、専門性と総合性を兼ね備えた人材を育成するために、農芸化学、農学、農業経済学、生命科学という4つの専攻を設置し、以下のカリキュラム編成方針に基づいた教育を行います。

 〇 専攻分野に関する高度な専門知識と幅広い教養の修得に加え、自ら研究を企画・推進する能力、学術研究の論理的説明能力、英語でのプレゼンテーション能力などを涵養するために、3年間継続の特別演習を行います。
 〇 3年間で博士論文を完成させることを目標に、研究テーマの選定、実験・調査の手法、データの収集と解析について指導します。さらに、学会・シンポジウム等での研究成果の発表や学術誌への論文投稿を推奨し、指導します。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.