経営学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

経営学研究科教員公募

  • 特任教員公募

【経営学研究科】韓国・ウソン大学総長来訪

2016年11月16日
明治大学 大学院事務室

ウソン大学(韓国・大田広域市)のエンディコット総長らが11月11日、駿河台キャンパスを訪問。現在本学経営学研究科で学んでいるウソン大学ソルブリッジ国際経営大学院生との面談、協力協定及び学生交流計画の実施に関する覚書更新の調印式、および今後の交流の拡大・活性化に関して、大六野耕作副学長(国際交流担当)、坂本恒夫大学院長、森久経営学研究科長ら本学関係者と意見交換を行った。
大六野副学長の挨拶を皮切りに行われた意見交換では、学生交流の更なる発展について双方が同じ方向性であることを確認。坂本大学院長が今後の具体的な取り組みについて、「日本と韓国では調査方法や論文の書き方が異なる。指導方法等について今後も連携し、学生の満足度の高いきめ細やかなプログラムにしていきたい」と述べると、エンディコット総長は「将来的には教員の交流も視野に入れたい」と提案。さらに、「ウソン大学は2014年から毎年10月にInternational Business Case Competitionを開催している。これは、LGエレクトロニクスやサムスン電子等有名企業の第一線で活躍するシニアマネージャーらが参加学生にレクチャーを行い、課題を設定。学生が2日間で情報収集、分析、課題解決のプレゼンテーションを行うもので、今年は17か国の学生が参加した。来年は是非明大生も参加して欲しい」と新たな交流の可能性に期待を込めた。
ウソン大学ソルブリッジ国際経営大学院は、2007年に設立された新しい欧米型ビジネススクール。欧米の有名大学出身者で教授陣を構成し、外国籍の学生も多数在籍する。ESL(English as a Second Language:大学付属の非英語圏の学生を対象とした英語コース)も設置し、世界各国から受け入れている留学生に対する語学面でのサポートも充実している。本学は、2011年に協力協定及び学生交流計画の実施に関する覚書を締結、2013年にダブルマスタープログラム(双方の大学の修士号を取得できる制度)を開始し、交流を深めている。 

左から森研究科長,坂本院長,エンディコット総長,大六野副学長左から森研究科長,坂本院長,エンディコット総長,大六野副学長

全員で記念撮影 中央は総長夫人全員で記念撮影 中央は総長夫人

「経営学研究科 ニュース一覧 2016年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.