学部長メッセージ

「常に新鮮、常に挑戦」を合言葉に

「モノや構造を支配する原理」を発見する数理科学は、
科学・技術のイノベーションに大きく貢献しています。
我が国において数理科学振興の必要性が叫ばれている中、明治大学はこれに呼応して
2013年4月に、東京副都心に位置する「中野」にキャンパスを開校し、
数理科学とコンピュータをカリキュラムの中心に据えた「総合数理学部」を開設しました。
「社会に貢献する数理科学の創造・展開・発信」という理念のもと、
「常に新鮮、常に挑戦」の想いを胸に、多くのスタッフがここに集いました。
数理科学に対して、社会に対して、そして人間に対して。
あくなき探究心と向上心を抱くみなさん、今その心にある情熱をそのままに、
この総合数理学部で思い切り学んでください。
そして、広い世界に大きく飛翔しましょう。



総合数理学部長
砂田 利一
すなだ としかず

理学博士。1948年東京都生まれ。東京大学大学院修士課程修了、名古屋大学、東京大学、東北大学の教授を経て、2003年4月より明治大学理工学部教授。2013年4月より総合数理学部長就任。専門は離散幾何解析学および大域解析学。『チャート式 数学』(数研出版)、『現代幾何学への道』(岩波書店)、『ダイヤモンドはなぜ美しい』(シュプリンガー)、『バナッハ-タルスキーのパラドックス』(岩波書店)など、著書多数。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.