カリキュラム・授業紹介

ネットワークデザイン学科では、
●情報ネットワークに基づいた様々な社会システムを構築することができる人材
●柔軟な発想で未来社会を支えるネットワークシステムを提案することができる人材
の養成をめざし、以下の力や知識が身につくカリキュラムを展開します。



カリキュラム・授業紹介

クリックすると拡大します

★1 ネットワーク理論

[電力ネットワークの模式図]

現実世界にはさまざまなネットワークが存在します。たとえば、インターネット、スマートグリッド、交通ネットワークなどがあります。この授業では接点と接 点の接続関係に着目したグラフ理論を用いて、ネットワーク最適化の応用分野である最短経路問題などのネットワークモデルを理解します。さらに、適切なモデ ルを用いてネット ワーク解析の応用力を身につけます。

★2 シミュレーション実習I-III

[プログラミング統合開発環境]

コンピュータ上に仮想的なモデルを組み立てて試行実験を繰り返すことにより、最適化、制御、運用、予測、解析を行うコンピュータシミュレーションの基礎について、数値計算やデータ構造などの基礎的な理論からさまざまなアルゴリズムの実装まで演習を通じて学びます。プログラミング演習だけでは習得できない応用的なプログミング能力に加えて、コンピュータを用いた問題解決能力を養う事を目的とします。

★3 データマイニング

[データからの知識発見]

データマイニングは非常に複雑な大量のデータの中からルールを発見する技術です。機械学習、統計学、データベースの融合技術として、急速に発展し、スマー トグリッド、金融工学、ビジネスの現場、生命情報学などで活用されています。この授業ではデータマイニングの理論的背景や応用事例について学び、実問題へ と応用する[データからの知識発見] 力をつけることを目標とします。

★4 再生可能エネルギー

[地球に負担をかけない発電として注目される風力発電]

今世界中で注目されている、太陽光や風力などの自然界から生まれる持続可能な再生可能エネルギーはどのように作り出されるのでしょうか。この授業では、再 生可能エネルギーの発電や制御、その運用について学びます。さらに、関連する政策や直面している課題、未来に向けた計画の事例を通じ、再生可能エネルギー への理解を深めます。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.