トピックス

ニュース

主権者教育「『隕石』にあたってみませんか?」

2022年09月12日

  • 高校

 9月9日、公民科(政治・経済)の授業の一環として、高校3年生を対象とした主権者教育の授業(「『隕石』に当たってみませんか?」)を実施しました。この授業では、西川伸一教授(明治大学政治経済学部)や東京都選挙管理委員会事務局や明治大学の大学院生の方々にも協力していただき、選挙制度や投票行動の分析などを紹介してもらいました。また、選挙管理委員会からは、実際に使われる投票用紙や投票箱なども見せていただき、投票を身近に感じました。
 「隕石」と「選挙」は一見無関係に思われますが、このタイトルから派生した考察は投票行動の合理性を考える上で重要な示唆を与えてくれました。そのうえで、合理的には思えない投票行動の裏にどのような意味があるのか、民主主義を守るとはどういうことなのか、日本の未来を担う高校生に主権者としての自覚を促す時間になりました。
 
【明治大学付属明治高等学校主権者教育授業2022】
「隕石」に当たってみませんか?
 
講師:西川伸一(日本学術会議連携会員・明治大学政治経済学部教授)
   齊木あゆみ(東京都選挙管理委員会事務局)
   細淵俊行(東京都選挙管理委員会事務局)
   田中直人(明治大学大学院政治経済学研究科博士後期課程)
 

関連トピックス