キャリア教育

明治大学への進学を早い段階から意識し、自らの適性を考えながら大学での学びや社会で必要される能力の育成に早期から取り組むことが可能です。中学では各学年で職業調べなどを動機付けとし、高校になると明治大学や卒業生のネットワークなども活用して、キャリア教育の充実に取り組んでいます。

キャリアクエスト講座

2018年度より、キャリア教育の制度を改め、明治大学や総明会(同窓会)などの協力のもと、裁判傍聴会、建築講座、留学支援講座、理系女子に向けた講座など、生徒の興味関心に合わせて設定されたテーマ別の講座を定期的に実施してきました。

  実施時期と内容
2019年度 ・(6月) 海外留学支援 国際連携共催
・(9月) ワークショップ型建築講座 卒業生建築士
・(11月) 理系女子進路支援フォーラム 卒業生講演
・(11月・3月) 裁判傍聴会 卒業生弁護士
2018年度 ・(6月) 海外留学支援 政治経済学部共催
・(6月) 学生生活支援 卒業生講演
・(9月) ワークショップ型建築講座 卒業生建築士
・(11月・3月) 裁判傍聴会 卒業生弁護士

高大連携教育

高大連携講座や特別進学指導講座の受講、明治大学オープンキャンパスへの参加、理系研究室訪問等、先輩たちからのアドバイスなどを通じて、明治高校の生徒たちは、より明確な進学意識をもって学校生活を送ります。その高い進学意識と恵まれた推薦制度がミスマッチのない進学へとつながります。また、高大連携セミナーは、高3選択科目(第2外国語や簿記)と合わせて、自らの将来に合わせた先取りの資格の取得を強力に支援します。

総明会(同窓会)による支援

100年を超える歴史の中で、明治高校・中学校は多くの「第一級の人物」を多方面で輩出してきました。毎年11月には、総明会総会が盛大に開かれています。2016年からは、大学2・3年生を対象として就職セミナーを同時に開催し、明治高校卒業生の就職活動を全面的にバックアップしています。また、総明会法曹部会では、キャリアクエスト講座や予備試験対策講座への支援なども行っています。調布キャンパスで同じ時を過ごした先輩たちが、明治大学の各キャンパスで後輩たちを迎え入れ、社会に出てからもそのつながりを保っていっています。明治高校・明治中学校の生徒たちは、人生のロールモデルを身近に感じながら、日々成長していきます。