法学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

法学研究科 カリキュラム概要

博士前期課程カリキュラム

 法学研究科では博士前期課程に法学研究者養成コース・高度職業人養成コースの2つのコースを置いています。

法学研究者養成コース
 研究者を目指して法律学をより深く学ぼうとする学生に研究指導を行います。近時は、法情報学、環境法、中国法、知的財産法に対する社会的要請が高まっていることから、これらの科目も開講いたします。
高度職業人養成コース
 国および地方自治体公務員、各種教員、民間企業の法務担当者など高度な専門知識を有する職業人の養成を目指し、各進路に必要とされる多様な科目を配置してます。
 本学の他研究科や首都大学院コンソーシアム協定校の科目を履修することもでき、多様なニーズに応えうるカリキュラム編成となっています。

 また、企業法務部門、弁理士、司法書士、社会保険労務士、税理士、行政書士などの職に就かれており、勉学研究に意欲のある方も歓迎いたします。パラリーガルの再教育としても、本コースを活用してくだされば幸いです。

博士後期課程カリキュラム

 法学分野の研究者として自立して研究活動を行うために必要な、高度の研究能力とその基礎となる豊かな法学識を養い、先端科目や比較法・基礎法の多様な科目を充実させることにより、比較法及び基礎法理論に裏打ちされた研究活動を自立して行える研究者の養成に努めています。

 また、課程博士論文の完成を援助し法学のスペシャリスト、そして優れた研究者の育成に力を入れています。

カリキュラム体系図

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.