法学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

大学院修了生から

博士後期課程

公法学専攻 2016年3月修了
博士(法学)
小林 史明
KOBAYASHI Fumiaki
「可能性をひろげてくれた明治の研究環境」
 私は、既存の法解釈学を離れたところから、その基礎となる人間や社会の理解を豊かなものとするために、人文学の知見を活用して学際的に法を学ぶ「法と人文学」を研究テーマとしました。

 大学院には実定法学のみならず基礎法学の授業が豊富に用意されています。博士後期課程では自己の研究を深めることは当然ながら、歴史的、規範的、実証的研究などの多様な視点が求められることも多いので、幅広い学修機会があることは重要です。
 
 また研究発表の場として院生研究会があります。先輩や後輩から有益なアドバイスをもらえるだけでなく将来の学会発表に向けた錬磨の機会となっています。その他、研究会や講演会が学内でも盛んに催されています。積極的に参加してみてください。

 研究活動へのサポート制度も充実しています。私自身も助手への採用をはじめとして、研究発表助成を受けて学会に参加したり、コピーカードや博士論文印刷製本助成を利用したりと、きめ細かな支援によって助けられました。皆さんもこれらの援助を十分に活用して、学内にとどまらず広く学界への足掛かりを築いてほしいと願います。
研究室紹介
 土屋恵一郎教授のもとで研究を進めました。法哲学は領域が宏大で、研究者個人の問題意識や特性が強く反映されます。かかる分野ならではの自主性を重んじた指導でありながら私の狭い視野を意想外の指摘で鋭く衝く先生の授業は、ときに白熱した議論に発展することもありスリリングな体験でした。今も討議かくあるべしと感じています。




博士後期課程

民事法学専攻 2016年3月修了
博士(法学)
杉浦 林太郎
SUGIURA Rintaro
明治大学大学院という「選択」
 私は、そもそも、研究に対して強い意欲を持って大学院に進学をしたわけではありませんでした。それでも、大学院に在籍するうちに次第に研究の面白さに引き込まれていきました。現時点での知識の多寡にかかわらず、理想通りにいかないときに絶望せず、自分にしかできないことがあるはずだと信じて研究を続けていける人であれば、誰でも大学院進学に“向いている”のだと思います。

 明治大学の法学研究科は、最先端の知識や情報に接することができる知へのアクセスと、研究を続けて行くための様々な支援制度が特色です。

 東京の中心部に位置することから、法や政治の中枢部にも近く、また、公的な資料館や都内にある多くの大学へも容易にアクセスをすることができます。さらに、他の大学と比較しても引けを取らない開講科目の多様さと、それに付随した、多様な学生が在籍しているという点により、多くの知見を得、刺激を受けることができるでしょう。

 支援制度については、各種の奨学金制度や助手制度等の存在により、研究を続けることに対する不安が軽減されるはずです。

研究室紹介
 新美研究室では、主に不法行為法について、アメリカやヨーロッパ各国の法制度や議論を紹介した海外の文献を読み、理解を深めた上で、そうした各国の法制度や議論が現在の日本で現実に発生している問題の解決にどのように役立ちうるか、あるいは、それらを参考にしてもなおどのような問題が残されるかを中心に、検討を行いました。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.