教養デザイン研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

人材養成その他の教育研究上の目的

教養デザイン研究科

 教養デザイン研究科は、21世紀において人類が直面している諸課題を総合的・学際的に考察し、公共的観点に立って主体的に行動することのできる人材の養成を目指します。教育研究のテーマは「人間性とその適正な環境の探求」と、新時代にふさわしい「知の創造(デザイン)」です。科学技術の飛躍的発展によって生じた倫理的諸問題、グローバル化が進む現代世界における異文化理解、脱領域化状況の中での平和構築、自然環境との共生、これらの諸問題を総合的に考察し、解決へと導くことのできる高度な教養人と研究者を育成します。 

教養デザイン専攻

 人類が直面する諸課題を包括的に探究するため、「思想」、「文化」及び「平和・環境」の3つの領域研究コースを設置しています。文理を融合し、総合化された知の創造と現代社会における新たな倫理の探求を目指します。科学技術の著しい発展、グローバル化の到来など、激変する現代社会において、生涯学習をも視野に入れて、高度な教養をデザイン(創造)できる人材と研究者を養成します。

養成する人材像・進路

 研究科修了生の将来の進路としては、研究者、教員、ジャーナリスト、マスコミ関係者、公務員等、幅広い分野が考えられます。博士後期課程においては、教養系の研究者の育成を目指しています。また、生涯学習社会における教育ニーズに応えるため、「社会人」を積極的に受入れ、学び直しの場としての役割を果していきたいと考えています。

「思想」 領域研究コース (2014年度より「倫理・哲学・宗教」から名称変更)

養成する 人材像
倫理意識を強く有し、主体的に行動できる人材 
進路
教員/研究者/ 公共機関専従者(NPO・NGO)/ 公務員/ジャーナリスト 

「文化」 領域研究コース

養成する 人材像
高度な多文化理解能力をもつ、国際的に活躍できる人材 
進路
公共機関専従者(NPO・NGO)/ 翻訳家/文化・芸術マネージャー/ ジャーナリスト/教員/研究者 

「平和・環境」 領域研究コース

養成する 人材像
公共感覚をもち、環境・平和問題に主体的に取り組み、問題解決能力を有した人材 
進路
公共機関専従者(NPO・NGO)/ ジャーナリスト/研究者/ シンクタンク研究員/教員 

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.