教養デザイン研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

研究科長あいさつ

教養の新しい意義と形を創造(デザイン)する

教養デザイン研究科長     社会学博士     薩摩 秀登

教養デザイン研究科長     社会学博士    薩摩 秀登

 教養デザイン研究科は、2008年に和泉キャンパスに創設された新しい研究科です。和泉キャンパスでは主に文系学部の一、二年生がそれぞれの専門分野の基礎とともに広く「教養」を身につけるために学んでいます。そうしたキャンパスにふさわしく、既存の学問領域の枠を超えて、人間が平和で幸福に生きていくためにはどうするべきかを深く探求するのがこの研究科です。

 「教養」とは何でしょうか。「法律」「経済」「文学」「化学」といった個別領域に限定されず、それらの学問分野を総合した、大学で学ぶことすべてが教養だといってもよいかもしれません。英語で教養は「culture」です。この語はもともと「自然」natureに対するものであり、作物を育てるために自然状態の土地を耕すことを意味していました。「知」の世界も同じです。分野を超えて幅広く学び、鍛錬することによって、より豊かな思考の基礎が養われ、そこから無限の可能性が開けてくるのです。

 「デザイン」は「下de」に「印sign」をつけること、つまり「下地を描く」、「設計する」、「構想する」ことを意味しています。現代を生きる我々に必要な教養を「構想・設計」し、そうした教養をもとに自分自身の生き方を「組み立てていく」ことを意図しています。

 今や、広い世界で活躍するためには、さまざまな場面で、一人一人が状況を総合的に見極め、自分自身の判断にもとづいて的確に行動すること、そのため何よりもしっかりした自分自身の考えを持つことが求められます。そうした時に必要とされるのが、幅広く深い知的な鍛錬に裏打ちされた「教養」でしょう。私たちがめざすのはそのような本当の意味での「教養の構築」なのです。

 そのために私たちは、「人間性とその適正な環境の探求」を目標としてかかげ、三つの研究コースを設けています。物質的豊かさを追求する現代社会が置き去りにしてきた精神面を新たに考察する「思想」領域、慣れ親しんだ観点を離れて新たな視点から世界を見なおす「文化」領域、社会的および自然的な環境において共存・共生関係の構築がいかにして可能であるかを探る「平和・環境」領域です。

 これらの領域研究は相互に密接に関連しています。こうしたテーマを総合するには、幅広い知識と深い洞察力が必要です。それは困難ですが、刺激に富んだわくわくする知的作業でもあります。特定の課題を解決する問題解決型ではなく、「持続する知的好奇心」を培う問題発見型の能力育成をめざすのがこの研究科です。

 多様な専門分野を総合的・学際的に教育・研究するため、この研究科には、人文・社会・自然の諸分野の研究者が集まっています。学生も既存の分野にとらわれず、出身学部を問わず、さまざまな課題に取り組んでいます。留学生や社会人も積極的に受け入れており、多様なバックボーンを持つ人たちが集まっています。こうした場で、ぜひ、自分自身の真の教養を築き上げていってください。
 

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.