先端メディアサイエンス学科の学生チーム(橋本研究室・3年生)が第26回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト予選大会において準優勝

2018年09月27日
明治大学 総合数理学部

準優勝に輝いた チーム「にんにんラボ」 (橋本直研究室・3年生)準優勝に輝いた チーム「にんにんラボ」 (橋本直研究室・3年生)

明治大学総合数理学部 先端メディアサイエンス学科所属の学生チーム(橋本研究室・3年生)が、「第26回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC2018)予選大会」において、準優勝に輝きました。

IVRCは、学生が企画・制作したインタラクティブ作品の新規性・技術的チャレンジ・体験のインパクトを競うコンテストです。今年度は、書類審査115作品の中から一般学生部門22作品が選出され、東北大学において行われた予選大会において、10作品が決勝進出となりました。

今回決勝大会への切符を手に入れたのは、椎名星歩さん、西川尚志さん、竹永正輝さん、丸山寛人さん、武田雄太さん、平野祐也さん、渡邊真輝さん、浅野日登美さん、千葉麻由さんの9名。彼らが結成したチーム「にんにんラボ」は、頭に植物が生えた感覚を味わえるバーチャルリアリティ作品「ブレインツリー」を制作し、審査員の高い評価を得ました。

決勝大会は、2018年11月14日(水)~16日(金)に、幕張メッセにおいてデジタルコンテンツEXPO 2018およびInter BEE 2018と同時開催されます。ぜひ会場へお越しいただき、作品の体験とチームへの応援をよろしくお願いします。

「総合数理学部 ニュース一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.