橋本研究室の学生チームが第26回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト決勝大会において総合優勝と観客大賞を受賞

2018年11月26日
明治大学 総合数理学部

総合優勝と観客大賞に輝いた チーム「にんにんラボ」総合優勝と観客大賞に輝いた チーム「にんにんラボ」

明治大学総合数理学部先端メディアサイエンス学科の学生チーム(橋本研究室所属の3年生)が、第26回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC2018)決勝大会において、みごと総合優勝と観客大賞に輝きました。

IVRCは、学生が企画・制作したインタラクティブ作品の新規性・技術的チャレンジ・体験のインパクトを競うコンテストです。書類審査にはじまり、予選大会、決勝大会と、コンテスト期間は半年近くに及びます。

今年の決勝大会は、2018年11月14日~16日に幕張メッセにおいて、Inter BEEおよびデジタルコンテンツEXPOと同時開催されました。本大会では、大学生を対象とした一般学生部門10チーム、高校生などを対象としたユース部門4チーム、フランスからの招待作品1チームの計15チームで優勝を争いました。

総合優勝は、審査員による評価が最も高かったチームに贈られます。また、観客大賞は、一般来場者による投票が最も多かったチームに贈られる賞です。これらのダブル受賞は、専門家と一般客の両方から高い評価を得られたことを意味します。

今回受賞したのは、椎名星歩さん、西川尚志さん、竹永正輝さん、丸山寛人さん、武田雄太さん、平野祐也さん、渡邊真輝さん、浅野日登美さん、千葉麻由さんの9名。彼らが結成したチーム「にんにんラボ」は、頭に植物が生えた感覚を味わえるバーチャルリアリティ作品「ブレインツリー」を制作しました。同作品は、予選大会において準優勝を獲得し、その後さまざまな改良を加えて決勝大会に挑み、このたびの優秀な成績をおさめました。

「総合数理学部 ニュース一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.