松下茉愛さん(先端メディアサイエンス学科4年生)が映像情報メディア学会で学生優秀発表賞を受賞

2018年12月25日
明治大学 総合数理学部

松下茉愛さん松下茉愛さん

先端メディアサイエンス学科4年生の松下茉愛さんが、一般社団法人映像情報メディア学会から学生優秀発表賞を受賞しました。学生優秀発表賞は、年次大会または冬季大会で優秀な発表を行った高専生・専門学校生を含む学生を対象に贈呈されます。松下さんは8月に開催された2018年映像情報メディア学会年次大会にて「深層学習を用いたイントラ予測の候補モード決定手法の検討」と題し発表を行い、12月20日の授賞式で表彰されました。

受賞・研究内容
「深層学習を用いたイントラ予測の候補モード決定手法の検討」(松下茉愛、鹿喰善明、岩村俊輔、根本慎平)
 動画像の圧縮符号化方式の要素技術であるイントラ予測において、予測モード決定に深層学習を導入した上で、性能向上のための様々な工夫を考案し、実験によって効果を確認した。

この記事に関連するページ

「総合数理学部 ニュース一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.