政治経済学部

在学生向け

関連情報

経済学科

経済学科の教育理念

経済学は地球上の有限な資源の分配,生産,消費活動を通して,地球上の人々の経済的厚生を高めることを目的としています。
 経済学科では,単に経済学の視点だけではなく,他学科に設置されている政治学,行政学及び社会学系科目並びにその他学際的科目も履修して,総合的視点から経済学を学びます。こうした多面的な視点で多様な経済事象を分析し,政策立案ができ,かつグローバル化の進展に対応できる教養に溢れ,創造性豊かな人材を育成することを目的としています。

「世の中を治め、人民を救う」ために

経済とは,「経国済民」または「経世済民」の略語であると言われています。従って,経済学を学ぶということは,今日,社会で生じている様々な経済的な問題を解決していくこと,言い換えると「社会の病気」を治していくことにつながる考え方や方法を習得し,創造していくことなのです。
 ちなみに,今日のようにグローバル化が進展し,複雑化している社会では,先進工業諸国や新興工業諸国などは多くの資源を消費し,高い生活水準を享受しています。しかし,世界人口の3分の1の人々は依然として貧困に苦しんでいます。このような貧困,経済格差,そして環境,貿易の自由化といった経済的な問題を解決していくためには,経済学の知識はもちろんですが,単に経済的側面ばかりでなく,多くの国々の政治,文化的側面に関する知識の習得も必要です。
 また,日本が直面している少子高齢社会は、今後大きな経済問題をもたらします。かつての日本社会では老人は少なく,子どもの多い社会でした。経済力のある若い世代が、老人世代の面倒をみる社会でした。しかし、少子高齢社会ではこの前提がくずれ,富の分配が世代間でうまく動かなくなりつつあります。
 さらに,世界中の国々が地球環境問題に直面しています。産業革命以来,化石燃料を大量に使用してきた結果,二酸化炭素(CO2)をはじめとする温室効果ガスの排出量は,地球が自然浄化できる許容水準をすでに突破し,気温や海水面の上昇のみならず、地球の生態系に大きな打撃を及ぼす事態に至っています。今のところ,人間の生活を直接脅かしてはいませんが,多くの動植物が絶滅の危機に瀕しています。CO2の排出を制限しようとする取り組みは,まだ途に着いたばかりです。
 こうした「社会の病気」の多くは、日常的な私たちの経済活動の結果生じていると同時に,富の公平な分配や福祉がうまくいかない場合に発生します。つまり,経済を考え、その問題を克服することは,社会的に大きな意味をもつのです。経済学科の学生諸君には,「社会の病気」を解決する方法を真剣に考え,生み出し,実践していく人材に育って欲しいのです。
 

<学科長からのメッセージ>

森下 正科長 経済学科長 森下 正 教授

 
経済学とは、地球上の限られた資源から価値を創造し、生産・消費・分配によって、人々の「暮らし」を向上させることを目的として、理論、歴史・思想、政策について探求していく学問です。もう少し噛み砕いていうと,個人・企業・政府が有限な資源をどのように選択して、活用していくのかを研究する学問が経済学です。
 例えば,経済学科の理論部門では,ミクロな需要と供給による価格決定メカニズム、マクロな生産・消費などの経済循環,また実証分析のための統計的手法などを学びます。歴史・思想部門では,著名な経済学者の学説や思想、日本や世界の経済の歴史を学びます。これらの知見をもとに政策部門では,実際の経済社会で個人・企業・政府が有限な資源をどのように選択して、活用していくのかについて,経済・産業・財政政策から社会保障・福祉・労働政策に至るまで、幅広く学びます。
 ちなみに経済学科では,この3つの部門に基本科目・応用科目として多数の講義が用意されています。また,少人数教育であるゼミ指導を重視し,1・2年次では教養演習、3・4年次では専門演習を開講し,学生諸君の興味と関心に合わせたきめの細かい教育の場を提供しています。
 また,経済がグローバル化した今日,経済的な問題は多様化,複雑化しています。例えば,世界的な金融危機,資源・食糧問題,地球環境問題,貧困問題,少子高齢化,地域間格差など,いずれの問題も一筋縄では解決できません。
 そこで,経済学科に所属する学生は,政治経済学部の他学科の政治学・社会学・地域行政学に加え,国際文化も学ぶことができます。こうした多様な知識の習得は,21世紀の複雑な経済問題の解決に資する学びとなるはずです。
 経済学を中心に学びながら,歴史・文化・哲学・技術などのリベラルアーツも学ぶことで,経済学科の学生諸君には「教養豊かな専門人」に育って欲しいと願っています。また,グローバル化の中で,外国語習得や留学にも,積極的に挑戦してほしいのです。そして、情報リテラシーや計数能力、プレゼンテーション能力、問題解決能力はもちろんのこと、課題設定(問題発見)能力も身に付けて下さい。そのためには,日常的に身の回りで発生している経済的な出来事や活動に対して,常に五感(視る,聴く,嗅ぐ,味わう,触れる)を生かして観察し,「なぜ,そうなったのだろうか」と疑問に思う習慣を身につけて欲しいと思います。
 学生諸君は,未来の社会を築くための貴重な人材です。多くの先人が残してくれた学問を学び、現実社会で発生している経済的な問題を観察,探求し,その原因の究明と解決策の創造を通じて,新しい学問の創造や未来の経済社会の実現について考えて行きましょう。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.