政治経済学部

在学生向け

関連情報

政治学科

政治学科の教育理念

 政治学科は,社会の基本的枠組を決定する政治プロセス及びそれを支える社会の様々な状況を把握・分析する能力を育成し,幅広い視野と専門性を兼ね備えた学生を養成することを目的とする。とりわけ,グローバル化が進展する現代社会に対応するため,国際感覚を持ち,政治・社会に関する専門的な議論ができる学生を養成する。人材養成の観点からは,外国語能力に優れ,政治及び社会に関する分析能力を備えた人材を輩出する。

「政治の意義」を再確認する

■政治現象を分析する能力の開発

 政治学科における主要な研究テーマは「政治」ですが、それはいきなり政治の実践を説くことを意味しておりません。明治大学の政治学科では、事実に基づき、理論に裏付けられた、政治現象の分析を通して、政治の成り立ちやその過程を解き明かしていく、そうした能力の開発と向上を目指しています。皆さんが、社会の仕組みと変化を把握し、自分はどう行動するかの判断力を身につけるように、政治学科のスタッフは全力でサポートします。

■政治への多面的なアプローチの試み

 社会の諸現象から政治だけを切り離して考えることは意味がありません。政治を理解するには、歴史・制度・文化といった多様なアプローチを試みる必要があります。明治大学の政治学科には政治学を中心に、多彩な隣接分野が用意されています。これらの分野を併せて学ぶことにより、社会や人間行動に対する多面的な理解が可能となります。社会の現象は常に変化しますが、そこに通底する本質に迫ってこそ、役に立つ見方と言えます。

<学科長からのメッセージ>

井田学科長

政治学科長 井田 正道 教授
 政治学とはどのような学問なのか?この問いに対して誰でもが納得する明快な回答をすることは容易ではありません。けれども、メディアのニュースで「政治」がひじょうに重要な位置に置かれていることからもわかるように、人間社会において、政治は重要な位置に置かれていることも事実です。

国会議員や地方議員あるいは首長をまとめて「政治家」という職業カテゴリーに区分することがあります。日本でこの職業カテゴリーに就いている人は現在4万人強でしかありません。しかし、職業としての「政治家」ではなく、「あの人は政治家だなあ」といわれる人は、会社にも、役所にも、学校にも、地域社会にも、そしてサークルにもいます。「社内政治」や「学内政治」という言葉があるように、政治という営みはいわゆる「政界」に限りません。つまり政治は、人間社会にとって不可欠の営みといってもよいでしょう。

 政治学を学ぶということは、このような人間社会にとって不可欠の営みを理解することを意味しています。また、政治という営みの背景となっているもの、あるいはその営みがどうようなアウトプットを生み出すのかという視点も必要です。そこで日本では、本学のように政治と経済を合わせた政治経済学部という形態を採用する大学の他に、法学部に政治学科を置く大学、法学部のなかに政治経済学科を設置している大学などが存在します。また、ここ30年くらいの期間に学部名や学科名に政治過程のアウトプットである「政策」という名称をつける大学も増えました。

 政治学は古くから存在し続ける伝統のある学問領域として確固たる存在感を示し続けています。そして、今後とも政治学を学ぶことの意義は広く認識され続けるであろうと思います。また、本学の政治学科では社会学の科目も多数揃え、政治と社会を連関させながら学ぶことができます。しかし、「科目多すぎて選ぶのが大変だ」と思われる人も多いことでしょう。どうぞ、じっくり時間をかけて履修する科目を選んでいただき、ここで学んだことを何らかのかたちで今後の人生に活かしていただければ幸いです。

 

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.