政治経済学部

在学生向け

関連情報

サポート体制

「社会」への第一歩を

 将来何をしようと思っていますか? 「就職なんて先のこと」なんて思っていると、時間はあっという間に過ぎてしまいます。みなさんは大学に入学して何をしようとしているのでしょうか? これからの大学生活は、社会に出るための最後のまとまった時間です。
  この時間をどう過ごすかによって、その後の人生は大きく変わってきます。

職業意識の涵養を図る

 日本の経済は、最近若干の改善をみたとはいえ、依然として高い失業率を抱えています。経済構造の変化によって、今後日本でも欧米と同様に4~5%前後の高い失業率と業種や職種による所得格差の拡大が恒常化するだろうと考えられます。これからの仕事には高い労働密度と深い専門的知識が要求されます。ですから、大学に入ったからといって、安心してのんびり構えていてはいけません。特に、マスコミや公務員を志望する人は入学後すぐに準備を始めなければなりません。
  職業は「単に生きる」ためではなく、「よりよく生きる」ための、つまり自己実現の手段としての側面を持っています。当学部は学生のために各種のインターンシップを用意しています。これらを使って自分の適性を知り、職業意識の涵養に努めてください。

明治大学の就職支援

  明治大学では就職事務部を設置して、学生の就職に関する支援業務を行っています。文系学生は駿河台校舎の就職課を利用することになります。具体的には、個人、団体への就職相談、各種の就職支援行事、就職適性診断・能力検査などの模擬試験、公務員試験対策講座、また企業や団体から送付された資料の提供、パソコンコーナーの設置など、学生の希望・能力および特性が十分に生かせる就職へのサポートを行っています。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.