政治経済学部

在学生向け

関連情報

インターンシップ

政治経済学部インターンシップ(社会体験学習プログラム)

 インターンシップとは  大学で学んだ政治、経済、社会のしくみが、現場ではどのように動いているのか、理論と現実との違いは何か。政治経済学部に用意された多様な実習システムの中で現場体験をすることにより、それまでに教室で身につけたものを検証することになります。民間企業で実習するビジネス・インターンシップ、福祉や環境の現場でボランティア体験する社会実習、役所や議員事務所など公共部門で実習する地域研究インターンシップ。実習体験後は、精神的にたくましく成長した自分自身を知ることになるでしょう。
 政治経済学部では以下の3種類の社会体験学習プログラムを用意しております。

企業実習(全学科3年次)

 勉学を進めるために授業料を支払う学生と、働くことにより収入を得る社会人。学生が一時的収入源とするアルバイトと人生の中で大きな意味をもつ就職。金融、製造、サービス部門など民間企業での実習は、こうしたものの違いを再確認する機会となるでしょう。これに先立つビジネスマナー講座、就職対策診断テストにより、学生から社会人へなるにあたって足りないもの、力をつけておくべきものが見えてきます。

地域研究インターンシップ(地域行政学科3年次)

 都道府県や市区町村の役所、役場や議員事務所など公共部門、あるいは地域産業、NPOなど民間部門で2週間以上の研修を受け、地域行政学科3年次に2単位が与えられるという制度です。われわれの日常生活に密着する行政サービス供給や政策形成の現場、地域の経済活動の現場体験は、公務員や議員志望の学生が自らの将来を考える材料のみならず、地域の中でどう生きるか、どのように貢献し関わっていけるのかという一生の課題にヒントを与えてくれるでしょう。

社会実習(全学科全学年)

 大学卒業後に職業人となっても、福祉、環境保全、教育文化といった公共領域の活動に自発的に参加し、地域社会に積極的に貢献するボランティア精神を習得することがねらいです。本学部の所在する杉並区と千代田区の行政組織や福祉団体、環境団体、小中学校などの非営利組織が学生ボランティアの受け入れに賛同し実習の場を提供してくれます。実習先は20数ヶ所ですが序々に増えています。なおこの仕組みは学生参加で提案されました。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.