農学部学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

目指すべき人材像

 農学部は,「人類の永続性を追求する」という基本理念に基づいて,食料資源である動植物・微生物を対象とした生命科学,環境科学,食料科学及び社会科学など幅広い学理を明らかにすることを教育理念としています。農学部には自然科学系学科と社会科学系学科が共存し,自然科学系,社会科学系,人文科学系の教員が連携・協力していますので,専門分野のみならず,様々な分野を学部内で学ぶことができます。また,先端的な研究・教育設備を配するキャンパスと里山を配する農場という恵まれた環境を生かし,専門的な知識・技術の習得のみならず,全地球的・全生物的視野に立って巨視的に事象を把握し対処することもできる人材を養成することを目的としています。

そのための具体的到達目標

本学学則に定める期間に在学し,かつ学科ごとに定めた科目群,分野別の最低修得単位数の要件を満たした上で,卒業要件単位数124単位を修得した者に「学士(農学)」を授与します。また,在学中は1年次から2年次への進級条件(A進級判定),2年次から3年次への進級条件(B進級判定)を設け,さらに卒論関係科目の履修条件(研究室入室条件)を別に定めることで,到達すべき最低目標を明確にしています。

各学科の到達目標は次のとおりです。

○農学科:中心的課題である新規農業資源の開発や水・土地資源を生かした食糧の安定生産及び農村や都市の環境保全・創生に関する最新の科学・技術を身につけるとともに,持続的共生社会の構築に向けて地域・国際社会で活躍できる能力を身につけること。

○農芸化学科:農芸化学分野に関する事柄を的確に評価判断するために必要な幅広い専門知識と確かな実験技術の習得及び人間生活に密着したバイオサイエンスに関しての専門性を修得し,さらに,チャレンジ精神と高いコミュニケーション能力も兼ね備え,将来社会に貢献し社会をリードできる素養を身につけること。

○生命科学科:動植物・微生物の生命活動にかかわる生理・生化学的,分子生物学的研究を行うことにより,生命科学の素養と同時に広い視野と総合的な判断力を持ち,専門性を発揮して活躍できる能力を身につけること。

○食料環境政策学科:主体的に食料と環境にかかわる問題や課題を発見し,現実を把握し,その背後にある仕組みを体系的に理解し,理由や原因を解明し,さらに問題解決のための方策を考え,実践的に対処できる能力を身につけること。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.