課程案内 学芸員養成課程 Course for Prospective Museum Workers

博物館の評価を左右する

学芸員養成課程

 学芸員とは,社会教育機関である博物館,美術館,資料館,動物園,植物園,水族館等の各種博物館で働く博物館の専門職員のことであり,このことは博物館法によって定められています。
 その主な仕事は,専門分野の調査・研究,資料の収集・整理・保管・展示,利用者へのアドバイス,地域住民に対する社会教育・生涯学習の指導・助言等があげられます。その他にも,博物館の運営等の業務もあり,博物館全般の業務をこなします。

 近年,高い専門的技能を持つ学芸員の有無が博物館活動そのものを左右するとも言われており,学芸員の良し悪しで博物館の評価が変わると言っても過言ではありません。

 本学では,1956年に学芸員の講座を開設して以来,現在までに4,000名を超える有資格者を出しています。就職面では決して広き門とは言えない世界ですが,これまでに750名以上の卒業生が博物館や地方自治体の文化財関係,地域史編纂事業関係などで活躍しており,本学学芸員養成課程に対する評価は高いものがあります。

 学芸員には,博物館一般についての共通な知識や技術,館の種類ごとに求められる知識・技術,そして各分野それぞれの専門的な研究能力を持っていることが求められます。博物館における調査・研究・資料の収集・整理・保管・保存・展示・教育という一連の仕事ができる資質が求められているのです。
 学芸員養成課程での講義や実習は,そのための入門でしかありません。と同時に,そうした仕事をする基礎として,それぞれの専門分野・専攻分野の研究の力を身につけ養うことが重要であることを充分に認識する必要があります。
 つまり,学芸員は博物館に関し「総括的」であり,また,専攻分野に極めて「専門的」でなければならないといえます。

 また,地域の中の生涯学習機関として充分な機能を果たし,歓迎される博物館を模索し,また,学校教育との関連等を考えながら,わが国の博物館の活動を改革し,欧米諸国に代表される世界の水準に劣らない博物館を作りあげていくことも博物館の専門職員である学芸員の仕事です。これは極めてやりがいのある仕事であるといえましょう。

 単に学芸員養成課程を受講し,資格をとるというものではなく,自分から積極的に博物館というもののあるべき姿を研究し,今後の日本の博物館を良くしていくのは自分たちであるという気概を持って当課程に臨んでもらいたいと思います。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.