学習支援室

学習支援室

大学に入ると、授業の種類や進め方が高校時代と大きく異なってくるため、戸惑うことも多いでしょう。そんな時に利用してほしいのが和泉キャンパスの学習支援室です。
小さなテーブルが並ぶ、明るい部屋で、大学院生がみなさんの訪問を待っています。授業についての質問を担当の教員にしそびれてしまった時や、レポートの書き方に自信がない時、文献の検索方法がわからない時など、助手やTA(teaching assistant)の大学院生たちが相談にのってくれます。 

語学学習支援について

語学の授業でわからないことがあれば、教員が丁寧に対応してくれますが、自分のレベルに合わせてもっとゆっくり説明を受けたいと思う時があるかもしれません。また課題の取り組み方や効果的な勉強法がわからない、あるいは自主的に学習を行っていて行き詰まってしまう時もあるでしょう。そんな時はぜひ学習支援室に足を運んでください。 

史料の読み方、扱い方について

文学部のいくつかの授業では、古文書など生の歴史史料に直に触れて学びます。くずし字の解読方法や漢文の読み方がわからないという場合にも、学習支援室でサポートに応じています。
なお、文学部では本格的な授業がスタートする前に、履修登録の仕方についての相談も行っています。 

実習室

学習支援室の他にもみなさんの学習を助けるためのさまざまな施設や仕組みがあります。
例えば考古学専攻、地理学専攻、心理社会学科には各種資料が用意されたそれぞれ専用の実習室があり、実習授業が行われます。この実習にも助手やTAが参加し、一人ひとりの学生に目が行き届くように配慮しています。 

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.