大学院で学ぶ-進学案内-

大学院で学ぶ-進学案内-

高い専門性と広い視野の構築

 学部で学んだ知識や経験を基礎にして,より専門的な技術や知識を身に着け,研究の世界へと進むために,大学院が設置されています(文学研究科のホームページ はこちら)。研究者への第一歩はここから始まります。教員と院生が少人数でおこなう「考古学研究」や歴史学の視野を広げるための「総合史学研究」,「文化継承学」などが設置されており,専門性と学際性を両面から鍛え上げながら研究の技量を高めてゆきます。
 大学院は2つの段階に分かれています。「博士前期課程」(2年間)を修了して博物館学芸員や文化財保護などの仕事に就く人もいれば,さらに「博士後期課程」(3年間)に進学して本格的に研究者の道を歩む人もいます。毎年5月頃には「大学院合同進学相談会」を開催しており,直接教員と相談出来ます。ぜひ足を運んではいかがでしょうか。なお,大学院入試にはⅠ期入試(9月)とⅡ期入試(2月)があります。

大学院生の声

大木美南 (博士前期課程)



 縄文時代の遺跡から見つかるクリを分析し,当時の植物資源利用に取り組んでいます。他大学で学んでいた私は,卒業論文で扱ったテーマをより深く研究したいと考え,明治大学の大学院を選びました。
 大学院では先生方から手厚いご指導をいただけるだけではなく,院生同士の交流や研究発表の機会が多くあり,とても充実した環境だと思います。また,研究に必要な設備も揃っていますし,図書館の蔵書も豊富です。
 将来は専門職に就職して今まで学んできたことを活かすか,もしくは博士後期課程に進学して,さらに研究を深めたいと考えています。
土井翔平(博士後期課程)



 弥生時代から古墳時代にかけて,日本列島初めての国家がどのように形成されていったのか,そのプロセスを考えています。大学生の頃,発掘ばかりしていた私は,自分が発掘した土器をより深く学ぶ機会がほしいと考えていました。そこで,先輩方の勧めもあって,大学院に進学することを決めました。
 大学院では,自らの研究を着実に掘り下げるばかりではなく,それを一歩下がったところから眺めるために様々な分野へ視野を広げることが必要になります。大変なことも多いですが,大学院で専門的に研究することによって,「歴史を解き明かしていく」面白さを日々実感しています。
 現在,研究職への就職を目指して,学会発表や論文作成に取り組んでいます。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.