文学部学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

目指すべき人材像

 文学部が掲げる教育理念は,「充分な専門知識を身につけた幅広い教養人の育成」です。このことは,いいかえれば,確固とした専門知識の習得を不可欠の前提としながらも,その専門分野のみに偏ることのない広い視野に立ち,公正かつ的確な判断を下すことのできる人材の育成と言えます。
 人間の総合的探求を目指す文学部の各学科は,それぞれ「人間の生き方」,「人間社会の成り立ち」,「人間の心と社会の問題」を中心課題に据えながらも,人間の「知性」と「感性」と「実践」の相関を究明し,それらを自らの言葉で発信していく力を養うことを通じて,新しい時代に対応できる創造的かつ人間性豊かな教養人の育成を目標とします。

そのための具体的到達目標

 本学学則に定める期間在学し,最終学年には集大成となる卒業論文を完成することが求められます。提出された論文は口頭試問を課し,厳格な審査が行われます。これを含めた128単位の基準を満たした者に,「学士」(文学)を授与します。
 学生には教育課程を修了するにあたり,次のような具体的な到達目標を達成することを求めます。
・文学部の学習で培った十分な専門性と幅広い教養を理解し,社会の課題を自ら調べ上げ,論理的に説明することができる。
・世界での活躍を視野に,人間理解や異文化理解を深め,外国語で多様な価値観を分かりやすく表現する能力を涵養する。
・人間学を学び,個を磨くことから,他者を尊重しながら自らの考えを冷静に主張し,協調して物事に取り組むことができる。
・生涯にわたって出会う人々や社会と向きあう中で,相互に学び合い,社会全体を高める知力を体得する。
  また,各学科では次のとおり具体的な到達目標を達成することを求めます。
  文学科は,文学・思想・芸術・メディアなどにおける諸事象を論理的に分析し,その本質を客観的に判断できる能力,また自らの思考をメッセージとして発信できる力を涵養することを到達目標とします。
  史学地理学科では,史料・外国語文献の読解・分析能力,現地調査・遺跡調査等の能力を獲得し,自然や人間世界を歴史的・地理的に認識し,多角的に思考し,豊かな国際感覚をもって,積極的に行動できることを到達目標とします。
  心理社会学科では,「生きやすい社会」のあり方を求めて,共生する社会を模索しつつ,「心」を個人の内面的問題としてではなく,病理を生み出す「社会」とのかかわりで思考できる人材を涵養することを到達目標とします。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.